今月のインタビュー

医療・福祉のあらゆる分野の第一人者の方々に、ご専門分野に関する現状・課題・今後の展望などをおうかがいする「今月のインタビュー」。
多くの看護師、医療従事者の方々にとって"目指すべき医療とはなんなのか"を考えるきっかけにしていただけるよう、毎月テーマを厳選してお届けします。

第143回 2015/03

「患者さんの子ども」にも目を向けて。ヤングケアラーを交えたケアの展開を。(前編)

「ヤングケアラー」とは、家族の介護や世話を行う、18歳未満の子どものことを指します。この分野の研究が進むイギリスでは、子どもが担うケアの受け手は親が多いとされてきましたが、日本では、高齢化が進むにつれ、孫が祖父母をケアするケースも多くなっているようです。今月は成蹊大学の澁谷智子先生に、ヤングケアラーの現状と医療・介護職がヤングケアラーを支援するためにアプローチできることについてお話をうかがいました。

成蹊大学文学部 現代社会学科 講師
澁谷 智子 氏

成蹊大学
澁谷智子ホームページ

周囲の医療専門職から見たヤングケアラー

2013年1~3月、病院などで働く医療ソーシャルワーカーが多く所属する東京都医療社会事業協会の会員にアンケート調査を実施しました(※1)。同調査では、402人の回答者のうちの約3人に1人が、過去に自分が関わったケースの中で18歳以下(※2)の子どもが家族のケアをしているのではないかと感じた事例が「ある」と回答しました。回答者の所属別では、子どもがケアをしているのではと感じた人が特に多く見られたのは「病院」と「大学病院」で、病院の規模別にみると、「400床以上」などの大きな病院により高い確率でおられたようでした。
 
このアンケートでは、子どもが行うケアの内容は、イギリスのヤングケアラー調査を参考に、「家の中の家事」「一般的ケア(薬を飲ませる、着替えの介助など)」「情緒面のサポート(見守り、元気づけようとすることなど)」「身辺ケア(入浴・トイレ介助など)」「きょうだいの世話」「請求書の支払い、病院への付き添いや通訳」の6つに分類しました。このうち、子どもがしていたケアの内容として最も多く挙がったのは「家の中の家事」で、70%の人が言及していました。イギリスの調査と比べて特徴的だったのは、日本では「きょうだいの世話」が46%と比較的高い数値が示されたことです。イギリスでは過去3回のヤングケアラー全国調査で「きょうだいの世話」は10%前後になっていました。これが日本のヤングケアラーの傾向なのか、その他の要因に由来するものなのか、今後の調査で明らかにしていきたいと考えています。
 
※1 澁谷智子「ヤングケアラーに対する医療福祉専門職の認識――東京都医療社会事業協会会員へのアンケート調査の分析から」、『社会福祉学』第54巻4号(2014.3)pp.70-81.
※2 調査当時はヤングケアラーを「18歳以下」ととらえてしまっていたため、本来の「18歳未満」という定義とは矛盾する記述になっています。

子どもの介護者に見られる主な特徴

大人の介護者の場合、仕事や育児といった役割や、自分の健康や家族の経済的側面など、他にも気遣うべきいくつものことがあり、そのバランスの中で介護を考えるところがあると思われます。しかし、介護を担う子どもや若者は、大人のようにはキャリアや役割や人間関係がまだ形成されきっておらず、目の前の介護やケアを頑張るうちに、「自分のこと」をケアの状況に合わせて調整してしまうことが積み重なって、結果として、その将来にも大きな影響を受けるという面があると感じています。
 
最初は軽いケアから始まった介護でも、ケアを要する人の状況が重くなるにつれ、介護者の負担は増えていきます。NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジンと日本ケアラー連盟が2010年に全国5地域で行なった実態調査によると、回答者の「ケアをしている年数の全体平均」は7.21年だったそうです(NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン 2011: 30)。子どもや若者の場合、数年経てばそのライフステージは大きく変わってきますし、その時間の経過が将来にもたらす度合いは、すでにキャリアや人間関係を築いた大人世代よりも、もっと大きなものになると考えられます。
 
子どもにとって家族の介護や世話の負担が大きいと、自分の勉強や学校生活、友達づきあいなどに充分な時間とエネルギーを使えないことも出てきます。頑張ってケアと学校生活を両立させようとしている子どもでも、疲れがたまってくると、成果を出せなかったり、ぼーっとしてしまったり、宿題が間に合わなかったりすることがあります。放課後や週末も、家にいなくてはという意識をもっていると、なかなか友達と遊べませんし、同世代と話しても、介護をしている自分の状況とかみ合わないように感じてしまうこともあるようです。

介護の話題の「共有者」がいないのもヤングケアラーの直面する困難の一つ

同世代に介護の経験がある人が少ないのも、ヤングケアラーの特徴です。そのため、介護のことは恥ずかしくて言えないと思ったり、実際、話しても理解してもらえなかったりして、ヤングケアラーが友達に介護について話したり相談したりすることはあまりないようです。家族と話すにしても、頑張っている家族にそれ以上の負担をかけまいと気遣って、自分の気持ちは言わないことも多くあります。しかし、実際ヤングケアラーが介護をする中で感じるさまざまな思いや不安はあって、それをその子に寄り添って聞き、その相談に乗ってあげる人が必要だと思います。福祉や医療に関わる人も、要介護者や大人の介護者だけではなく、ケアをする子どもの話を聞く体制をつくっていかなくてはいけないと思います。
 
一方で、ヤングケアラーに対しては、大人の介護者と同じような感覚で見てはいけないところもあります。例えば、大人の介護者の場合、それまで築いてきたキャリアや人間関係をどのように維持するかということも考え合わせながら、介護のプランを練っていくと思います。しかし、子どもにとって、人生はこれからつくっていくものです。経験もまだ少なく、何が“介護”なのかもわからない中で、自分のニーズを言語化するというのは、子どもにとっては難しい場合もあります。また、子どもは大人より時間をもっているように一見見えるのですが、それは、子どもが将来を築いていくための準備に必要な時間で、そこへの配慮は大切です。短期的な合理性で考えるなら、働いている大人に比べて時間の融通のきく子どもが家族の介護に関わることは良策でしょうし、実際、子どもがケアから学ぶことも多くあります。子どもが家族の役に立ちたいという思いからケアをしている場合もあります。しかし、それでも、負担の大きすぎるケアが長期間続けば、子どもの成長が充分に保障されないところも出てきます。やはり、子どもが自分のためにも時間や力を使えるよう、それらを確保してあげようとする心遣いを大人がしていくことが重要ではないかと思います。
 
子どもがケアをしなければならない状況は、まだまだ理解されにくい風潮があります。子どもや若者が祖父や祖母を介護している場合には、「ご両親は何をしているの?」「あなたがすることではないんじゃない?」という言葉をかけられることもあるようです。しかし、その子の家庭ではそうせざるを得ない状況があって、子どもが介護をしているのです。自分が介護をしていることを話せば、家族が責められてしまうかもしれないと思うと、ヤングケアラーはますます介護のことを言いにくくなります。子どもがケアをしていることに驚くのではなく、どうすればその状況をより良くしていく余地があるかを考えていけるようにしていきたいと思います。
 


後編は3/16(月)に更新予定です。

成蹊大学文学部 現代社会学科 講師
澁谷 智子 氏
 
【略歴】
1998年 東京大学 教養学部卒業
2000年 ロンドン大学ゴールドスミス校大学院 社会学部
Communication, Culture and Society学科 MA in Sociology 取得
2001年 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 修士号(学術)取得
2006年 埼玉県立大学 保健医療福祉学部ほか 非常勤講師
2008年 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 博士号(学術)取得
2012年 成蹊大学 文学部現代社会学科 講師
 
【所属学会】
日本社会学会、福祉社会学会、日本社会福祉学会、社会政策学会、障害学会、日本手話学会ほか
インタービューTOPへ
ページの先頭へ戻る