今月のインタビュー

医療・福祉のあらゆる分野の第一人者の方々に、ご専門分野に関する現状・課題・今後の展望などをおうかがいする「今月のインタビュー」。
多くの看護師、医療従事者の方々にとって"目指すべき医療とはなんなのか"を考えるきっかけにしていただけるよう、毎月テーマを厳選してお届けします。

第144回 2015/04

看護師・介護士にも広がる睡眠障害 不眠改善の鍵は身体リズムの整調(前編)

不眠の時代ともいえる現代。24時間営業の店舗がそこかしこにみられ、真夜中でも消えることのない企業の明かりや、眠らない若者たちも今や珍しくありません。それに比例してか、睡眠に悩みを抱えている人も多くなっているといいます。とくに、不規則な交代勤務に従事する看護師・介護士に増えるリズム障害は、これからの高齢社会を考えると根治したい課題でもあります。不眠治療の第一線で、多くの研究や治療に携わってきた岡島義先生に、睡眠障害とその付き合い方、最前線の治療方法などについてお話をうかがいました。

早稲田大学 人間科学学術院 助教
博士(臨床心理学)
臨床心理士、専門行動療法士、産業カウンセラー
岡島 義 氏

早稲田大学 人間科学学術院
睡眠総合ケアクリニック代々木

不眠症だけではない睡眠障害

寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、十分な時間眠ったはずなのによく寝た感じがしないなど、眠れない状態の「不眠」に悩んでいる人は、成人のおおよそ4人に1人いるといわれています。これらの症状を「不眠症」とよく誤解されますが、夜間の睡眠の問題だけでは不眠症ではありません。集中力の低下や眠気、倦怠感、疲労感といったことで、日中の生活にも支障をきたしている状態が1カ月以上続くと不眠症と診断されます。
 
また、睡眠障害と聞くと不眠症を連想される方も多いと思いますが、睡眠障害国際分類(ICSD)では何十種類もの診断基準が設けてあり、ひと口に睡眠障害といってもさまざまな症状に分けられます。例えば、不眠症や過眠症、足がむずむずして寝つけない「むずむず足症候群(レストレスレッグス症候群)」、看護師や介護士などの交代勤務従事者に多くみられる「リズム障害」などがあります。

約3割の看護師が悩みを訴える不眠は「リズム障害」

交代勤務をしている日本の看護師の中で、不眠を訴える人の割合が29.2%という調査結果があります(※1)。一方、交代勤務を採用する海外の一般企業を対象にした調査になりますが、日勤のみの労働者は8.6%、交代勤務従事者は15.7%、夜勤従事者は18.5%が不眠を訴えるという結果と比較すると、日本の看護師の割合は高いことがわかります。不眠とともに訴えが多いのが過眠ですが、交代勤務に起因するこれらの症状は、ICSDでは「リズム障害」に分類されています。
 
リズム障害とは、身体に本来に備わっている就床-起床のリズムが崩れることによって起こる障害で、連続して一定時間眠ることができるけれど、いつも深夜にならないと眠れず,朝起きられないという問題(睡眠相後退症候群)から、就床-起床時刻が日によってバラバラであるために、身体の眠るリズムが崩れてしまう問題もあります。交代勤務者の場合は後者の問題にあたります。例えば、眠くなる時間帯にがまんしながら仕事をし、朝帰ってからどか寝をする生活になります。普段の生活とは違い,日中に何時間も寝てしまうため、夜眠れないという悪循環に陥っていき、身体のリズムが乱れていくのです。また、「明日のパフォーマンスが落ちるくらいならきちんと寝なければ!」と気を張ってしまい、かえって眠れなくなるというパターンもあります。その結果、不眠や過眠を引き起こしてしまうというのがリズム障害です。
 
※1:井上雄一、岡島義編『不眠の科学』朝倉書店、2012年

リズム障害の予防は“光”とうまく付き合うこと


リズム障害の予防において大切なのは、朝と夜の光と上手に付き合うことです。明るい光を浴びると眠気は飛ぶといわれていますが、これは、目の奥にある視交叉上核という部分で管理されている、眠気物質であるメラトニンの分泌が大きく関わっています。メラトニンは、暗くなると出やすい性質があり眠気を誘いますが、反対に目から明るい光を浴びると分泌が抑制されます。夜勤で明るい照明のもとで仕事をし、帰宅するときも外の光を浴びて帰ると、いざ寝ようとしてもなかなか寝つけず不眠の症状が起こりやすくなるのは、このような体のメカニズムに要因があるのです。
 
しかし、このメカニズムを知れば、夜勤あけの入眠もコントロールしやすくなります。対策としては、目から取り入れる光を極力抑えることです。夜勤中は最近よく売られているPCメガネで照明やパソコンのブルーライトをカットし、仮眠をとりやすい環境を整え、朝帰る際はサングラスをかけて帰るなどがおすすめです。そして、家では2時間くらいの仮眠にとどめておいて、夜はいつも通りに眠れるように備え、身体のリズムを崩さないことがとても大切です。

早稲田大学 人間科学学術院 助教
博士(臨床心理学)
臨床心理士、専門行動療法士、産業カウンセラー
岡島 義 氏
【略歴】
1979年 東京生まれ
2003年 日本大学文理学部心理学科卒業
2008年 北海道医療大学大学院心理科学研究科博士課程修了、博士(臨床心理学)取得
公益財団法人神経研究所附属睡眠学センター研究員、東京医科大学睡眠学講座客員講師,医療法人社団絹和会睡眠総合ケアクリニック代々木主任心理士を経て、2015年 早稲田大学 人間科学学術院 助教
臨床心理士、専門行動療法士として睡眠障害や気分障害、不安症に苦しむ人々への支援を行いながら、認知行動療法の効果を高めるための研究活動を行っている
【著書】
『4週間でぐっすり眠れる本』さくら舎
『認知行動療法で改善する不眠症』すばる舎、共著
『不眠の科学』朝倉書店、編共著
インタービューTOPへ
ページの先頭へ戻る