今月のインタビュー

医療・福祉のあらゆる分野の第一人者の方々に、ご専門分野に関する現状・課題・今後の展望などをおうかがいする「今月のインタビュー」。
多くの看護師、医療従事者の方々にとって"目指すべき医療とはなんなのか"を考えるきっかけにしていただけるよう、毎月テーマを厳選してお届けします。

第148回 2015/08

骨折や寝たきりを未然に防ぐために、ロコモ度判定の活用を(前編)

ロコモティブシンドローム(運動器症候群、略称「ロコモ」)とは、骨や関節、軟骨、椎間板、筋肉といった運動器に何らかの障害が起こり、機能が低下した状態です。日本整形外科学会が超高齢社会の到来に向けて2007年から提唱している概念で、学会は「ロコモ チャレンジ!推進協議会」を立ち上げて啓発を進めています。協議会の委員を務める聖隷佐倉市民病院 関節センター センター長 岸田 俊二氏にロコモについて詳しくお話を伺いました。

聖隷佐倉市民病院
関節センター センター長
岸田 俊二 氏

聖隷佐倉市民病院

加齢だけでなく、運動や食事の習慣も問題

ロコモティブシンドロームは運動器症候群と訳されますが、ここでの運動器というのは手や肘ではなく、膝や股関節、背骨といった主に「移動に関係する部位」です。これらの部位の機能が低下すると、将来的に要介護リスクが高くなります。
運動器の機能低下には、加齢だけでなく運動や食事の習慣も関係しています。運動不足による肥満や筋力の低下は移動機能に大きく影響しますし、後編で詳しく述べますが、やせ過ぎは骨密度の低下から骨粗鬆症の要因になります。
 
ロコモの原因となる主な運動器疾患は、骨粗鬆症、変形性関節症、変形性脊椎症の3つです。中でも骨粗鬆症になると、転倒による骨折で寝たきりになる可能性が高まります。30~50代の人は、運動器の障害と聞いても「まだまだ先の話」と感じるかもしれません。しかし、親の世代のこととして考えれば介護の問題と直結します。また、若い時の運動や食事の習慣は極めて大切です。それらの習慣は年をとっても継続すると考えられるためです。
 
ロコモ チャレンジ!推進協議会では、「ロコチェック」と称してロコモの可能性を簡単に確認できる7つの項目を定めています。例えば「15分くらい続けて歩くことができない」という項目があります。歩く習慣がなければ息が上がって歩けなくなるのではと思われるかもしれません。しかし、腰の病気で神経の通り道が狭いために、10~15分歩くだけで足がしびれて歩けなくなる人がいます。この項目は、そういった隠れた病気を見つけ出していただくことを目的として定められています。

テストの計測結果からロコモ度を判定

2015年5月、日本整形外科学会が「ロコモ度判定方法」を発表しました。これは、以前に発表したロコモ度テストの計測結果から、ロコモの進行状況を軽症の「ロコモ度1」と重症の「ロコモ度2」いずれかの判定基準を設けたものです。
 
ロコモ度テストは「立ち上がりテスト」「2ステップテスト」「ロコモ25」の3つで構成されます。「立ち上がりテスト」で下肢の筋力、「2ステップテスト」で歩幅、「ロコモ25」で25項目の質問により身体の状態・生活状況を調べることができます。「立ち上がりテスト」では、40,30,20,10㎝の高さ(40cmは一般的なトイレの便座の高さ)から立ち上がりテストを行います。40 cmの高さから片脚立ちをしてもらい、両脚とも立てれば合格です。どちらか片方の脚で立てなかった場合、2ステップテストやロコモ25の結果と踏まえてロコモ度1と判定されます。ロコモ度1だと、病気ではないにしても移動機能の低下が始まっていると予想されるので、運動や食事の習慣の改善が必要になります。20㎝の高さから両脚で立ち上がれない場合はロコモ度2です。この高さから両脚で立ち上がれないと日常生活でかなり困っていると考えられます。
 
この基準に当てはまる人というのは「介護申請が必要かもしれない人」であることもさまざまな研究からわかってきています。運動器の障害は、要支援・要介護になる最大の要因です(2013年厚生労働省国民生活基礎調査で、要因全体の25%でトップ。ちなみに次は脳血管疾患の19%)。特に痛みを伴う場合は何らかの運動器疾患を発症している可能性があるため、整形外科専門医の受診を促します。つまり、新しいロコモ度判定方法では、具体的数値を挙げて受診の必要性、要介護のリスク明確にしているので、より指導の目安として用いやすいものになっているといえます。

バランス能力と下肢筋力の向上に役立つロコトレ


ロコモ チャレンジ!推進協議会は「ロコトレ(ロコモーショントレーニング)」と名づけて、ロコモと判定された人に片脚立ちとスクワットを推奨しています。片脚立ちはバランス能力、スクワットは下肢の筋力をつけることが目的です。方法は簡単なので、医療・介護従事者の方は、患者さんや利用者へ毎日続けるようご指導ください。
 
ロコモは、病気ではなく将来的に運動器疾患の出てくる前段階ととらえています。ロコモの人すべてが受診する必要があるということではなく、自分のロコモに気づき自分で対策をとることをお勧めするものです。ですから、もし痛みがあっても、それが通常の痛みで片脚立ちやスクワットによって増悪しないようであれば、運動することをお勧めしています(もちろん痛みが強くなる場合は、運動を休み受診してくださいとお伝えしています)。
 
※ロコチェックやロコモ度判定方法、ロコトレの詳細は、ロコモ チャレンジ!推進協議会のウェブサイト(https://locomo-joa.jp/)をご参照ください。


ロコモ度判定で項目に1つでも当てはまる場合は、年齢にかかわらずロコモ度1か2と判定されます。定期的にロコモ度テストを行い、移動機能の状態をチェックすることが大切です。
 
後半は、女性に多い骨粗鬆症の話題を中心にご紹介します。

聖隷佐倉市民病院
関節センター センター長
岸田 俊二氏
 
【略歴】
1998年 千葉大学整形外科入局
2006年 千葉大学大学院修了
2008年 千葉大学大学院 整形外科 助教
2015年 聖隷佐倉市民病院入局
 
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ認定医
インタービューTOPへ
ページの先頭へ戻る