今月のインタビュー

医療・福祉のあらゆる分野の第一人者の方々に、ご専門分野に関する現状・課題・今後の展望などをおうかがいする「今月のインタビュー」。
多くの看護師、医療従事者の方々にとって"目指すべき医療とはなんなのか"を考えるきっかけにしていただけるよう、毎月テーマを厳選してお届けします。

第151回 2015/11

変わる日本のスポーツ医学。新設:つくばスポーツ医学・健康科学センターが担う役割(後編)

2020年の東京オリンピックを控えた今、「スポーツ医学」に注目が高まっています。2015年10月に新設されたつくばスポーツ医学・健康科学センターでは、アスリート復帰プログラムが進められ、選手たちの回復をサポートしています。同センターで医体協働で行われているスポーツ医学の特徴について山﨑 正志氏にお話をお伺いしました。

筑波大学附属病院 副病院長
筑波大学医学医療系・整形外科 教授
つくばスポーツ医学・健康科学センター センター長
山﨑 正志 氏

筑波大学附属病院

先進的な治療を行い、アスリートの早期復帰を目指す

研究施設であることを活かし、前進的な臨床試験を用いた治療活動ができることも、大学附属病院ならではの特徴です。
例えば、多血小板血漿治療(PRP療法)という治療法は日本では限られた病院でしか行うことができません。国内では、筑波大学付属病院をはじめとするいくつかの病院で臨床試験が始まっており、治療が進められています。こうした優れた治療技術を受けていただければ、より早い復帰が望めるでしょう。
 
※多血小板血漿治療……自身の血液を遠心分離器にかけて血小板を多く含んだ血漿を抽出し、それを創部に散布することで、傷の治りを早める治療方法。自身の血液を使用するため、アレルギーなどのリスクが低く、安全性が高いことが特徴。

健康の維持、増進にも期待されるスポーツ医学

外科的な分野だけではなく、内科的な分野にもスポーツ医学の研究を活かした治療が始まっています。こちらは、アスリートではなく、主に生活習慣病や高齢者の運動器症候群(通称:ロコモティブシンドローム)などを抱えた一般の方々のための治療です。当院でも、健康増進部門を設置し、運動不足や肥満を原因とする生活習慣病対策、栄養指導を行うほか、スポーツによって筋力の減少を防いだり、代謝機能の改善を図る方法を探っています。
特に加齢と運動不足により骨格筋が減少することをサルコペニアと呼び、これと肥満が同時に発生(サルコペニア肥満)すると、より生活習慣病のリスクが高まります。
 
これらの解消・改善のためも、スポーツ医学に期待が高まっています。いかに運動機能を持続させるか、肥満を解消するか、健康相談を受けたり、必要であればスポーツ医学の観点から運動指導や治療を行うのです。
アスリートの治療だけではなく、こちらの研究も私たちの大きな役割だと感じています。
 
※サルコペニア……加齢による筋肉の減少現象を指す。本来運動やタンパク質、アミノ酸の摂取などにより合成される筋肉が、それらの不足により筋肉の合成量が分解量を下回り、衰えていくこと。

日本のスポーツ界に即した新テキストを制作中

今、私が強く感じているのは、日本人を対象としたスポーツ医学に関する書籍がほとんどなく、医療従事者がスポーツ医学を学べる手段が少ないということです。
競技により、使う筋肉も起こりやすい事故も異なりますから、本来は競技ごとの解説が必要です。しかし、多くの書籍は主に米国でつくられているため、アメフトや野球などの欧米で人気のスポーツの教科書の数や質は充実しているのですが、柔道などの米国では盛んでない競技は情報が不足しています。
また、日本人と欧米人では体格も異なるため、同じスポーツでもけがしやすい箇所や治療後のリハビリ方法が異なる場合が多いため、翻訳したものをそのまま使うことができません。そのため、かねてから日本人向けにカスタマイズしたものがあればと長い間考えていました。
 
そうした思いもあり、筑波大学附属病院では、日本人向けのスポーツ医学のテキストを作成するプロジェクトをスタートさせました。当院にはサッカーやバレーボール、柔道などあらゆる種目に帯同するスポーツドクターがたくさんいますから、現場の事例もふんだんに盛り込んだ、有用なテキストが作れるに違いないでしょう。現在編集作業も始まっており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに、各種目に対応した書籍を競技別にまとめたいと考えています。サッカーやテニスなどの競技人口の多いスポーツだけではなく、すべての競技でそれぞれテキストを作成する予定です。全国のスポーツ医学に関わる医師や看護師に読んでいただきたいと考えています。これが完成したら、日本のスポーツ医学の底上げをすることができます。加えて、日本の外科手術の技術レベルは非常に高く、世界トップレベルのより質の高い医療を提供することができるようになるはずです。
 
こうしたスポーツ医学分野の活動は、日本のスポーツ界の発展に貢献していくことができるでしょう。まずは2020年のオリンピックイヤーに向けて、そしてさらにその先に向けて、「スポーツ医学の筑波大学」というブランドを確立させ、よりよい医療を提供できるよう、推し進めていきたいと考えています。

山﨑 正志氏
筑波大学附属属病院 副病院長
筑波大学医学医療系・整形外科 教授
筑波大学附属病院・リハビリテーション部・部長
 
【略歴】
1983年 千葉大学医学部卒業
1990年 千葉大学大学院医学研究科博士課程〔外科系〕修了
1994年 研究員(米国ニューヨーク市マウントサイナイ医科大学整形外科)
2008年 千葉大学准教授医学部附属病院(整形外科)
2012年 筑波大学医学医療系整形外科教授
2014年 筑波大学付属病院 副病院長
2015年 つくばスポーツ医学・健康科学センター センター長
 
【資格】
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
インタービューTOPへ
ページの先頭へ戻る