NEWS 2017

看護 2017.07.12

データの活用で業務を変える! 書籍『ケースで学ぶ 看護の質を高めるデータ活用術』発売中

看護のデータを活用することで、業務改善を図るための書籍、
『ケースで学ぶ 看護の質を高めるデータ活用術』が発売となりました。



【書籍概要】
病院経営が難しくなる中、看護部にも経営への貢献が求められています。
例えば効率的なベッドコントロール、入退院調整などといった病床管理。
また、病棟スタッフの配置や残業管理といった業務管理なども方策の一つとして挙げられます。
本著では、これらの課題に対しデータの集積・分析を行い、
そのデータをもとにマネジメントを行い解決してきた病院の実例を紹介。
質の高い看護実践を行うことで、病院経営に貢献するためのヒントが示されます。


監修:大島 敏子
編著:叶谷 由佳
出版:メディカ出版
価格:3,024円(税込)

●●↓書籍を購入する↓●●
http://www.medica.co.jp/catalog/book/6831?e_flg=0

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る