NEWS 2017

看護 2017.08.08

1,478人の認定看護師を新たに認定、全21分野で18,728人に(日本看護協会)

公益社団法人日本看護協会は2017年8月7日、「第25回認定看護師認定審査」を行い、
新たに1,478人が認定看護師として認定されました。
受験者は1,671人で、合格率は88.5%でした。
 
今回の認定により、
認定看護師は、全21分野で合計18,728人となりました。
また、認知症看護認定看護師が1,000人を超え、
認定者が1,000人以上の分野は7分野となっています。
 
認定看護師とは、高度化し専門分化が進む医療の現場において、
水準の高い看護を実践できると認められた看護師です。
認定看護師になるには、看護師として5年以上の実践経験を持ち、
同会が定める615時間以上の認定看護師教育を修め、
認定看護師認定審査に合格する必要があります。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る