NEWS 2017

介護 2017.09.07

100歳以上の長寿の秘訣、6割が「食」に関する回答(キューサイ調べ)

キューサイ株式会社は2017年9月4日、
「100歳100人実態調査 2017」の結果を発表しました。
調査対象者は、100歳以上の100名です。
 
100歳以上の方に「自身が思う長寿の秘訣」を聞いたところ、
「好き嫌いなく何でも食べる」「腹八分目」など「食」についての回答が6割でした。
その他、「くよくよしない」「過ぎたことは気にしない」など心の持ち方に関する
回答も目立ちました。
 
普段の食事やおやつの回数については、
1日3回の食事を欠かさず食べている人が94%、
「3食+おやつ(午前/午後どちらか)」が78%という結果になりました。
また、「3食+おやつ2回(午前中と午後)」を日常的に取っている方も
全体の3割にのぼりました。
 
「自分の健康自慢」では、
約7割が「好きなものが何でも食べられる」と回答。
つまり、食べることに関して満足している人が多いと考えられます。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る