デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

看護師・介護士に黄信号!?
女性は誰もがなり得るPMS(月経前症候群)ってどんな病気?

生理前の数日間、なんだか頭が痛かったり、日勤なのに眠気がひどく集中できないなど、心身に不調が続くことはありませんか? フラフラしているうちに生理がやってきて、生理が終わるとピタッと不調が止まる……。それってもしかして「月経前症候群(以下、PMS)」かもしれません。ポートサイド女性総合クリニック ビバリータの婦人科医、清水なほみ先生に、PMSについて詳しくお聞きしました。

あなたはPMSになりやすいタイプ? それともなりにくいタイプ?

実はPMSの原因は、はっきりとはわかっていません。
しかし、人に振り回されることが多く、主体的に動けないタイプの人は、症状が表れやすいと言われています。かつてはよしとされた、いわゆる「従順」で「受け身」な女性像の方は「PMSになりやすい」のです。
 
看護師や介護士などは、毎日、患者さんや医師を相手にする職業。人のペースに合わせることを求められることが多いため、PMSになりやすい傾向にあると言えるでしょう。また家庭でも、「夫や子どもに振り回されている」という方には、症状を訴えることが多いようです。

一方、日々の行動を「自主的に行っている方」というのは、PMSになりにくい印象です。今のお仕事にこころからやりがいを感じている方や、楽しんでいる方、また、仕事以外の趣味などを満喫していて、「自分らしく生きている」と感じている女性は、PMSになる傾向が低いといえるでしょう。
 
運動やアウトドアなどアクティブな趣味でなくとも、家で編み物や読書をするのが好きであれば、それを行う=自主的に生きていると言えます。何をするかではなく、本人がどう生きたいか、そのために自分自身で生き方を選び取っているかどうかが重要です。

もしかしてPMSかも……セルフチェックをしてみよう

PMSの症状と言われるものはなんと200~300とも言われています! そのうち主な症状の例を挙げてみましょう。
 
【身体症状の主な例】
・頭痛
・お腹のハリ
・腹痛
・手足のむくみ
・乳房の痛み
・肩こり、腰痛
 
【精神症状の主な例】
・イライラ、怒りっぽくなる
・抑うつ気分
・だるさ、倦怠感
・混乱する
・情緒不安定
・集中できない
 
これらの症状が表れている方で、以下の項目にも当てはまるものがあれば、PMSの可能性が高いと言えます。
まずは、セルフチェックをしてみましょう!
 
<月経前症候群が気になる方向けチェックシート>
  □自分は「混乱しやすい」タイプだと感じていた
  □自分の体や人生を自分で「コントロールできない」と感じていた
  □自分のことなのに人に決めてもらうことがよくあった
  □女性としての体に違和感があった
  □常に一定の自分でいられず、やらなくて済んだことがあった
  □常に一定の自分でいられず、会わなくていい人がいた
  □自分のことを「自立していない」と感じていた
  □自分は人から影響を受けやすいと感じていた
  □自分の人生は「振り回されている」と感じることがよくあった
 
出典:ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ
月経前症候群が気になる方向けチェックリスト
 
心身の不調が、「月経前数日間に限定して起こる」「仕事や日々の生活に支障が出るほど症状がつらい」時は、PMSの治療の対象になります。
つらい症状を抱えている方の中には、仕事や趣味に前向きになれず、悶々としている方もいるのでは? 一度自分の生き方を振り返ってみてはいかがでしょうか。
 
次回はPMSの対処法について、お伝えします。

ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ
院長 清水なほみ 氏
 
2001年 広島大学医学部医学科 卒業
広島大学附属病院産婦人科、中国がんセンター産婦人科、ウィミンズウェルネス銀座クリニック、虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月横浜市に「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

UP DATE 2017/01/30

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る