デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

ストレートネックは現代病!?
首の酷使を避けるための5つの方法

看護や介護の仕事は肩や腰に負担のかかりやすい仕事だと言われています。首や肩がこるな、と感じても職業病だと放置していませんか? そうしているうちに首に大きな負担がかかり、頸椎のS字カーブがなくなる「ストレートネック」になっている人が増えています。さかいクリニックグループ代表 酒井慎太郎氏にストレークネックの危険性と予防法についてお話をうかがいました。

放っておくと危ないストレートネック

患者さんの介助やケアのため、前かがみになって作業をすることが多かったり、パソコンに向かって記録やケア計画を立てたりしていると、なんだか首や肩のまわりがつらくなっていませんか?
 
看護師・介護士の職業病とも言われる肩コリ、首コリ。実は肩コリ、首コリを放置しているととても危険なのです!
肩・首まわりの血行が悪いコリの状態が続くと、筋肉の中に老廃物質がたまりっぱなしになり、さらにコリを呼ぶことに。
そのまま首の筋肉に負担をかけ続けていると、次第に頸椎のS字カーブが失われ、まっすぐな状態に陥ります。この状態は「ストレートネック」と呼ばれ、首や肩のまわりの骨・筋肉に悪影響を及ぼします。
 
首のS字カーブが頸椎が首に通る神経や脊髄を圧迫することで、頭痛やめまい、手足のしびれにつながることもあります。これらの症状が重なると、精神的にも影響が出てくることも少なくなく、うつ病にかかってしまう方もいます。
「たかがストレートネック」と侮ってはならないのです。

ストレートネックをセルフチェック

では、首や肩のトラブルを解決するには、どうしたらよいのでしょうか。
人間の頭は約6㎏もの重みがあります。この重さを細い首で支えられているのは、頸椎にカーブがあり、首にかかる過重負担や衝撃を分散できているからです。
ストレートネックになると、首の頸椎のカーブが維持できなくなり、重い頭を支えるため首への負担が増えます。すると、首をサポートしている首の筋肉や、そこにつながっている肩や背中の筋肉まで、広範囲に大きな負担がかかっていきます。緊張し、収縮しっぱなしの筋肉は血行を滞らせ、さらにコリをひどくするのです。
 
■ストレートネックかどうかを調べてみよう!
自分がストレートネックかどうか調べるには、整形外科などで検査をするほか、自分でチェックすることもできます。
 
壁を背に気を付けの姿勢で立ってみましょう。
「後頭部」「肩甲骨」「お尻」の3点が壁につきますか?
「後頭部」「肩甲骨」「お尻」の3点がまっすぐ一直線上になりますか?
 
後頭部が壁につかず、背中が丸まってしまったり、あごが前に出てしまう人はストレートネックかもしれません。
 
スマートフォンの使用、長時間のパソコン作業など、現代日本の生活には、ストレートネックになりやすい原因がたくさん潜んでいます。前かがみやうつむきの体勢をずっととっていることで、筋肉が硬直し、ストレートネックになりやすくなるのです。

日常生活の中でストレートネックを防ぐコツ

では、なるべく首に負担をかけないようにするには、どのようにすればよいのでしょうか。
 
■パソコンのモニターを見るときは、目と近い高さで
ストレートネックは特に、デスクワークで1日中パソコンに向かっている人に多いと言われています。看護師さんも、パソコンで電子カルテや看護記録をつける機会が多く、首に負担がかかっている人が多いでしょう。
モニターの下に台を置き、モニターと目線の高さを近づけるようにしましょう。

■スマートフォンは目の高さに上げて見る
パソコンと同じく、手元で使うスマートフォンも、下を向いたままに長時間見てしまいがちなので、首に負担がかかると言われています。
それならば、スマホも目の高さまで上げて、首に負担をかけなければよいのです。

図のように、反対側の手を脇に挟むと腕も疲れにくく、安定して見ることができます。

■肩に負担のかからないかばんを選ぶ
重いかばんや荷物を片側だけで持ち続けていると、片側の首や肩だけが凝ったりすることも。首や肩に負担の少ないリュックサックやショルダーバッグを活用しましょう。
斜めがけのかばんは、お尻側に来るように後ろへまわすと、負担を減らすことができます。
 
■お風呂につかるときは首までつかる
首や肩がこるときは、ぬるめのお湯にゆっくりつかり、血行を良くしましょう。腕をお湯の中に入れ、あごまで使って顔と頭のみが出ている状態まで深く浸かるのがコツです。
 
半身浴は首や肩を冷やすため、こりや痛みが進んでしまう可能性があります。半身浴をする場合は、肩にタオルをかけて上半身が冷えないように工夫しましょう。
 
■ネックレスやイヤリングも首の負担になる
首や耳を彩るアクセサリーも実は負担になっていることも。
つけない選択をしたり、できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。
 
生活するうえで、できるだけ首に負担をかけないように、そしてきれいな姿勢を保つように意識することが大切です。首や肩のコリを「しょうがない」とあきらめず、自分の体をいたわってあげましょう。
 
===========================
後編では、「首や肩のコリがツライ人へ ストレートネックを解消する4つのエクササイズ」をご紹介します。

さかいクリニックグループ代表
千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー
酒井 慎太郎氏
 
整形外科や腰痛専門医院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を活かし、腰痛やスポーツ障害の疾患の治療に携わる。スポーツ選手やアーティストなども利用する、さかい保健整骨院、Himedic systemなど、腰痛や肩こりなどを専門とするさかいクリニックグループの代表。
著書に『変形性膝関節症は自分で治せる!』『首・肩の頸椎症は自分で治せる』(学研プラス)、『あなたの首の痛み、肩こりはストレートネックが原因です!』(永岡書店)など。

UP DATE 2017/09/29

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る