デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

月経の期間に起きる頭痛は「片頭痛」!?

月経の期間(※)に頭が痛くなることはありませんか? 立ち仕事が多い看護師さんや介護士さんにとって、頭痛は辛いものですね。その痛みは月経痛によるものだと思い、ついガマンしたり、月経痛用の薬を飲んで対処する方も多いと思いますが、実は「片頭痛」の可能性があります。富士通クリニック 頭痛外来 五十嵐久佳医師に月経と片頭痛の関係性についてお話をうかがいました。

※「月経前、月経中、月経後」を指します。

“繰り返す”頭痛は要注意!

「頭が痛いな…」と思ったら月経がきて、しばらく続く。月経前症候群(PMS)や月経痛と同時期に頭痛が起こるため、よく勘違いされやすいのですが、実は月経からきている痛みではありません! それは、月経前から月経中に起こりやすい「片頭痛」の可能性があります。
 
片頭痛は、頭の片側や両側に強い痛みが出る病気。「片側の頭が痛い」と書きますが、実際には、約4割の方が両側に痛みを感じているといいます。“ズキンズキン”と脈をうつような痛みのことが多いのですが、人によっては痛み始めから治まるまで、“ズーン”とした痛みが続く場合があります。片頭痛の特徴は月に何度か「繰り返す」ということ。痛みが4時間から最大72時間続く、動くと痛みが強くなる、などの症状が出た場合は片頭痛かもしれません。
 
月経の期間中に頭痛を振り返ってみましょう。
チェックの数が多い人ほど片頭痛の可能性があります。

これって片頭痛? セルフチェック

□痛みが4時間から最大72時間続く
□頭の片側に痛みが起こる
□ずきんずきんとした痛みだ
□仕事や家事に支障をきたすくらいの強い痛みがある
□動くと痛みが強くなる
□頭痛が起こると吐き気がする
□強い光や音をわずらわしく感じる

月経期間に襲う頭痛は“女性ホルモン”のしわざ

片頭痛は女性ホルモンと深い関わりがあります。特にエストロゲン(卵胞ホルモン)は、排卵期をピークに量が減り、月経中は最も低い状態になります。その変動が片頭痛の原因となり、月経数日前から月経中に頭が痛くなりやすいと考えられています。
 
月経期間中の頭痛が片頭痛ならば、月経痛を和らげる薬を飲んでも効かない場合があります。「片頭痛かも……」と感じたら、市販の頭痛薬を飲んだり、ひどいときは病院に行きましょう。もしくは、セルフケアでよくなることもあるので、月経の期間にやってみるとよいかもしれません。

女性ホルモンを“食”で増やそう! 時短レシピ「玄米なっとうふ丼」

月経の期間中、片頭痛の予防を心がけてみましょう! 忙しいときでも、簡単にできる対策を紹介します。
 
まず、減ったエストロゲンの働きを補うためには、女性ホルモンと似た働きをもつ「大豆イソフラボン」を摂取しましょう。例えば、豆乳を飲めば手軽に大豆イソフラボンをとることができます。
 
豆乳以外でも、豆腐や納豆など料理の大豆製品で大豆イソフラボンを摂取する方法もあります。例えば、「玄米なっとうふ丼」! 豆腐と納豆を混ぜるだけの超スピードメニューです。忙しい看護師さんでも、ササッと作れます。また、玄米にはマグネシウムやビタミンB2など片頭痛の予防効果がある成分が含まれているので、大豆イソフラボンと合わせて摂るとよいですよ!
 
【材料(2人分)】
玄米(炊いたもの)・・・300g
豆腐(絹ごし)・・・1/2丁(150g)
納豆・・・1パック(40g)
ちりめんじゃこ・・・10g
青ねぎ・・・少々
しょうゆ・・・少々
ごま油・・・小さじ1
 
【作り方】
1.青ねぎは小口切りにする。
2.フライパンにごま油とちりめんじゃこを入れ弱火にかけ、カリカリに炒める。
3.ボウルに豆腐、納豆を入れ、よく混ぜる。
4.器に玄米をよそい、3をかけて2をのせる。1の青ねぎを散らし、しょうゆを回しかける。
 
豆腐と納豆の“ふんわり感”とちりめんじゃこの“カリカリ感”が美味しいですよ!

玄米なっとうふ丼

頭痛で不安定になりがちな気持ちを解消しよう! うさぎのポーズでリラックス

月経の期間は、心も不安定になりがちです。頭痛で気分が落ち込んだり、なかなか眠れなくなったりすることも……。そんなときは、寝る前に「うさぎのポーズ」をしてリラックスするのがおすすめ!
 
【やり方】

1.床に手をつき、四つんばいになる。

2.頭がひじの間にくるように、頭頂を垂直に床につける。

3.お尻を上げ、頭頂のつむじを基点に右に3回、左に3回、ゆっくり、ぐりぐりと回す。

4.頭を下げたまま、ゆっくりとひじを伸ばし、頭を静かに起こして、最初のポーズに戻る。

1セットを30秒かけて行いましょう!
頭の緊張やむくみがとれ、リラックスして眠ることができます。

片頭痛は吐き気がしたり、動くと痛みが増して業務に支障をきたしたり……。痛みが辛くて不安になることも多いですが、大豆料理や体操など簡単な対策をすることで、痛みと気持ちを和らげることができます!
次回も引き続き、「片頭痛の対処法」をより詳しく紹介します。

五十嵐 久佳 氏
日本頭痛学会専門医。北里大学医学部神経内科客員教授。昭和54年北里大学医学部卒業.専門は神経内科。平成元年,英国The City of London Migraine Clinicにて研修。北里大学医学部神経内科講師、宮内庁病院内科医長、神奈川歯科大学内科学講座教授を経て、現在は富士通クリニック(月・火)・東京クリニック(水)で頭痛外来を担当している。

===========================
五十嵐 久佳氏の本をご紹介
 
『頭痛女子バイブル 』
監修:五十嵐久佳
出版社:株式会社世界文化社
価格:1,404円(税込)

UP DATE 2017/10/05

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る