デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

カサカサ乾燥肌にうるおいを。看護師・介護士に教えたい徹底!保湿ケア

夜勤が多く生活習慣も乱れがち、そのうえ清拭や入浴介助で水に触れることの多い看護師・介護士は、肌荒れしやすい職業です。特にこの季節、気になるお肌のカサカサ……。では、看護師・介護士がすべき冬の乾燥肌対策とは?お肌の美容に詳しい渋谷スキンクリニック 院長 吉田貴子先生にお話をうかがいました。

仕事の前後にしっかり保湿

寒さが増し、お肌のカサカサが気になり始める季節です。
乾燥肌を防ぐには、
・とにかく保湿をすること
・手袋を使ってもよい場面では使い、極力水に直接触れないようにすること
 
の2点がとても大切だと言われています。
乾燥肌をそのままにしておくと、かゆみが出てかきむしってしまい、さらに荒れてしまう悪循環に陥ることも。肌荒れは院内感染の原因にもなりますし、早急に対処しておきたいところです。
 
関連記事
もう手荒れとはサヨナラ!皮膚科医に聞く手の守り方
www.nursing-plaza.com/useful/detail/825
もう手荒れとはサヨナラ! 皮膚科医が教えるハンドクリームの選び方と使い方
http://www.nursing-plaza.com/useful/detail/826

看護師・介護士のお仕事に潜む、乾燥肌の原因

医療・介護施設内は感染対策もあり、湿度が保たれていることが多いとはいえ、看護師・介護士の職場には、乾燥肌や肌荒れの原因となることがたくさん。
例えば、こんなことがお肌のトラブルの原因となりうることも……!
 
■ベッドメイク
ベッドメイクでシーツなどの布を触ると、手の水分が布に奪われ、乾燥してしまいます。ハンドクリームなどで保護・保湿を。
また、布類に触れる際にほこりが舞い、そのハウスダストも肌荒れの原因となりえます。
 
■手洗い・入浴介助などの水仕事
ヒトの皮膚の表面には、薄い脂の膜(皮脂)があり、皮膚を守っています。しかし、手を洗ったり、入浴介助をしたりと水に触れる機会の多く、手の消毒も頻繁に行う看護師・介護士の皆さんは、この皮脂を洗い落としてしまい、皮膚のバリアがなくなってしまうのです。これが乾燥肌や手荒れを引き起こします。
清潔でいるためにどうしても手洗いは必須。刺激の少ない石鹸を選んだり、洗った後にはハンドクリームを塗って保護するなどの手を守る工夫をしましょう。
また、ゴム手袋をしてよい場面ではできるだけ使うなど、なるべく水やお湯に触れない方法を探ってみてください。
 
手のトラブルの原因となる水仕事ですが、同時に実は保湿のチャンスでもあります。水に触れた直後は角質に水分が多く含まれている状態。この状態でしっかり保湿ケアをすれば、通常よりも高い保湿効果が得られるのです。
自宅でのスキンケアも同じく洗顔や入浴直後が効果的。洗顔後、顔を拭かずにそのままスキンケアに入る美容法を提唱する専門家もいると言います。手洗い後にはきちんと手を拭いたうえで、しっかり保湿ケアを行いましょう。
 
■マスク
冬は特に感染対策にマスクをする方も多いでしょう。
しかし、のどの湿度を保つためのマスクが口周りの荒れを引き起こすことも。唇や肌にマスクの布が触れると、水分が奪われ乾燥の原因となります。マスクを着ける際には顔に触れる部分には保湿をしっかりするように心がけましょう。
 
■タバコ
実はタバコは乾燥肌と密接に関係しています。タバコの煙に含まれる有害物質は、肌に付着するとさまざまなダメージを与えます。また、ニコチンの血管収縮作用により、血行が悪くなるため、細胞の再生力を低下させ、受けたダメージがなかなか回復しません。受動喫煙でも同様に肌にダメージを与えますので気を付けましょう。タバコをやめて乾燥肌が治ったという例もあります。
 
2013年の日本看護協会の調査では、看護師の喫煙率は7.9%。同じく2013年の全国での女性の喫煙率は8.2%(厚生労働省国民健康栄養調査)と比べ、特別に看護師の喫煙率が高いわけではありませんが、まだまだ高い数値です。ストレスからどうしても吸いたくなる方もいるかもしれませんが、お肌のことも考え、スパッとやめることをお薦めします。
 
―――――
乾燥肌対策に必要なのは、徹底した保湿ケア。しかし、よかれと思ってしていた保湿ケアが、実は誤りだったりすることも……。
次回は冬のスキンケアに潜む意外な落とし穴についてご紹介します。

渋谷スキンクリニック 院長 吉田貴子氏
【クリニックHP】http://www.shibuya-skin.com/
【花嫁美肌の作り方】http://ameblo.jp/drtakako/

帝京大学付属病院での勤務や東京都内クリニックの院長を経て、2004年、渋谷スキンクリニックを開院。
皮膚科と美容皮膚科を中心に、メディカルエステや美容婦人科などの分野も取り入れ、美容と健康のトータルサポートを目指す。
All About公式スキンケアガイド。

===========================
吉田 貴子氏おすすめの本をご紹介

『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』
著者:吉木伸子(監修)岡部美代治(監修)小田真規子(監修)
出版社:高橋書店
価格:1,512円(税込)
 

UP DATE 2017/11/27

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る