デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

今日も立ち仕事でふくらはぎがパンパン? 放っておけない、脚のむくみ

立ち仕事がメインの看護・介護の現場。ゆっくり座って自分の体を休める時間も惜しみ、患者さんファーストで仕事に向き合った結果……1日の終わりには脚がパンパン。疲れを溜め込みむくんでしまったその脚を放置していませんか? いつものことだからと放っていたら、実は大きな病気のシグナルだったということも。むくみの放置は油断大敵なのです! そこで、血管外科医で血管診療に詳しい、横浜血管クリニック院長 林忍氏に、脚のむくみの原因とむくみ解消法をうかがいました。

そのむくみ、1日寝たらおさまりますか?

立ちっぱなしなど、同じ姿勢を長時間とっているとむくみやすくなるといわれています。それは、血液の流れが関係しています。
 
血液は、酸素や栄養素を全身の細胞へ巡らせるという大切な役割をもっています。心臓から送り出された新鮮な血液は、動脈を通って組織へ周っていきます。また同時に、細胞から排出された体に不必要な二酸化炭素や老廃物を回収し、静脈を通って心臓に戻すという働きも担っています。心臓から遠く離れた脚から血液を戻すために重要になるのが、ふくらはぎです。脚から心臓に戻る血液は重力に逆らって上へ巡っていくのですが、ふくらはぎの筋肉はこのときポンプの役割を果たします。全体の約7割もの血液が集まるともいわれる下半身の血液を、ふくらはぎの筋肉の収縮で心臓に戻すためには、適度な筋力が必要です。運動不足や長時間同じ姿勢をとることが続くと、筋肉が硬直するなどポンプ機能が低下してしまい、その結果、脚がむくみやすくなるのです。
 
むくんでしまった脚も、1晩寝てスッキリするようであれば、生活習慣が原因の一過性のものである可能性があります。水分のバランスを乱す塩分の摂り過ぎや、お酒の飲み過ぎといった食生活の見直し、立ち仕事続きで低下してしまったふくらはぎの筋肉の機能を補ったり、強化したりすることで解消します。
しかし、見過してはいけないのが、1カ月以上も続くような慢性的なむくみです。これは、心臓や肝臓・腎臓、甲状腺など大きな病気のサインである可能性もあり、注意が必要です。
 
日常的になっているむくみも侮ってはいけません。あまりひどい場合は、医師の診断を受けましょう。

毎日のケアでむくみを解消

脚のむくみ解消は、1日してならず!継続してケアを行うことが大切です。毎日続けられる、簡単ケアをご紹介。さっそく試してみてください!

■弾性ストッキングを着用しましょう
医療現場ではおなじみの、圧力を加えて下肢の機能をサポートする弾性ストッキング。その効果が最大限に発揮される着用タイミングは、ふくらはぎが重力に逆らってポンプ機能を発揮しないといけない日中です。勤務中のストッキングを弾性ストッキングに変えてみましょう。

■脚を10分間マッサージしましょう
まずは膝から上のマッサージを行います。イスに浅く腰掛け、軽く膝を曲げた状態で脚を前に伸ばします。膝から徐々に太ももに向かって、両手全体で脚を包み込むようにやさしくさすり上げます。太ももは、裏側、内側、外側と分けて行いましょう。
続いて、足首から膝にかけてのマッサージです。足首から膝の裏側に向けて、両手でふくらはぎを包むようにして、やさしくさすり上げます。ポイントは“もむ”ではなく、“なでる”。片脚5分で、両脚で10分、お風呂上りに行うのが効果的です。

■就寝時に10㎝ほど足を上げて寝ましょう
寝るときに脚を高くすることで、血液の巡りを助け、下肢にたまった余分な水分の滞りを解消することができます。ただし、脚を高く上げすぎると、腰への負担となるので要注意。座布団やタオルを丸めたものなど、厚さ10㎝くらいのものを足首のあたりに敷くだけで効果があります。

後編では、「看護師の職業病⁉ 下肢静脈瘤と予防体操」をご紹介します!

林忍氏
横浜血管クリニック院長。医学博士。慶應義塾大学病院、慶應義塾大学外科 非常勤講師。済生会横浜市東部病院、済生会神奈川県病院において、血管外科専門医として20年間勤務。動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、内頸動脈狭窄症、下肢静脈瘤、リンパ浮腫、血栓症、血管外傷等、あらゆる血管に関する診療を患者さんの立場に立って行っている。特に下肢静脈瘤の累計症例数は7000例以上に上る。

UP DATE 2018/01/25

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る