デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

1日2分の治療でくしゃみ、鼻水にサヨウナラ!
花粉症が完治する「舌下免疫療法」にせまる

花粉症を“完治させる”「舌下免疫療法」をご存知ですか? 花粉症がひどくて、目はかゆいし、鼻はムズムズ、薬を飲んで頭がボーっとしてうっかりミス……なんて心配もなくなります。2014年10月から保険適用となりお財布にも優しく、手軽に受診できるようになりました。日本人の約4人にひとりが患者だという花粉症。すでに花粉症の方も、予備軍の方も、「舌下免疫療法」を要チェック!

患者の約80%に効果アリ。「舌下免疫療法」ってどんな治療法?

「免疫療法」とは、症状を起こさない程度のアレルゲン物質(スギエキス)を体内に入れることで、少しずつ体を慣れさせ、最終的にはアレルギー反応を起こさない免疫システムをつくり、自分の体質を“変える”治療法。これまで皮下注射での免疫療法は行われてきましたが2014年10月、舌の下に薬液を垂らすタイプの「舌下免疫療法」も保険適用となりました。

「舌下免疫療法」は、副作用のリスクが低く、通院頻度が少ない、自宅で毎日2分でできるなど、これまでの免疫療法の中でも手軽に受けられることが魅力です。新しい治療法のため、2014年12月現在、処方できる医師が300~400人程度と少ないのですが、これからどんどん治療できる医師は増えていくと期待されています。
 
これまでの研究によると、「舌下免疫療法」の治療者の約80%が「効果があった」と感じており、なかには根治した人もいます。花粉症の症状がほとんどなくなったり、1年に一度対処療法の薬をもらうだけで済むように体質が変わるかもしれません。症状がなくなれば、くしゃみ・鼻水に困ることはなくなるし、抗ヒスタミン薬を飲んでボーッとすることもありませんね。

自己管理が大切な治療法

「舌下免疫療法」は、正しく行えば、非常に効果が高いとされる治療法です。ただし、アレルギーの元となる物質を患者さん自身が扱うため、「薬の量を守る」「毎日続けなければ効果がない」など、舌下免疫療法のリスクと特徴を理解し、ルールを守って続ける必要があります。

また、花粉症の症状が出ない季節にも服用を続けなければならず、なかなかの根気がいる治療法です。そのため、毎日何かを続けることがニガテな方にはあまり向かないと言われています。例えば、「朝の歯みがきを終えたらする!」など、毎日の生活リズムに取り入れることが長続きのコツです。自分のライフスタイルや性格も含め、医師と知識を共有し、よく相談しながら治療に臨みましょう。

重いスギ花粉症の方に「舌下免疫療法」ここがポイント!

最後に、「舌下免疫療法」のポイントをおさらいしましょう!
 
□「アレルギー症状を起こさなくする」治療法
□完治も期待できる
□1日2分、自宅でできる
□数年間続ける必要がある(2年程度~)
□治療費+医薬品代は毎月2,500円程度
□皮下注射での治療とは違って痛くない
□自然の成分(スギエキス)から作られているので安心
□アナフィラキシーショックの事例が少ない
□1回の受診で薬は2週間分しか出ないため、2週間に1度通院する必要がある(2015年10月以降緩和予定)


毎年悩む花粉症も、「舌下免疫療法」でスッキリ治ってしまうかも!?
かかりつけの耳鼻科医の先生に「舌下免疫療法」について聞いてみてはいかがでしょうか。

次回は、「舌下免疫療法」のよくある質問をご紹介します。
※更新日は2/16(月)を予定しています。

もっと「舌下免疫療法」を知りたい方へ

『花粉症は治せる! 舌下免疫療法がわかる本』

著者:大久保 公裕
出版社:日本経済新聞出版社
価格:918円(税込)

監修:大久保 公裕氏
日本医科大学付属病院

日本医科大学附属病院 耳鼻咽喉科部長、教授
日本アレルギー学会常務理事
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会理事

【略歴】
1984年 日本医科大学卒業
1988年 同大学大学院(耳鼻咽喉科)修了
1989年~1991年 アメリカ国立衛生研究所(NIH) 留学
1993年 日本医科大学医学部講師
2010年 同医学部教授
現在は花粉症治療、特に舌下免疫療法の研究・治療にあたっている

UP DATE 2015/02/05

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る