デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

初心者でもできる!
「貯める」「使う」「増やす」のテクニック

第1回では“マネーコンシャス”な女性になるための考え方、第2回では20代未婚・30代既婚女性のマネープランなどを、ファイナンシャルプランナーの大竹のり子さんに教えてもらいました。第3回は、いよいよ実践編。「貯める」「使う」「増やす」をバランスよく生活に取り入れることこそ、“マネーコンシャス”な女性に近づく大きな一歩。初心者や忙しい方にこそ始めてほしい、マル秘テクニックをご紹介します。

先取り貯蓄で確実に「貯める」

収入の先取り貯蓄

お金を貯められる女性・貯められない女性の違いはいろいろありますが、中でも決定的なのが「先取り貯蓄をしているか・していないか」です。
毎月の残ったお金を貯蓄にまわすのではなく、給料が入ったらすぐに一定額を貯蓄として取り分けてしまうのです。自動積み立ての定期預金でも貯蓄型の保険でも財形貯蓄でもOKなので、手取り収入の20%を目標にしましょう。

ボーナスを3つに分ける

ボーナスの使い道が「すべて貯蓄」「ローンの返済」「生活費の補てん」に当てはまっている方も多いのでは? でもこれらはすべて、守りの使い方。マネーコンシャスな女性なら、ゼロからプラスを生み出すような建設的な使い方をしていきたいですよね。
そこでオススメなのが、「取り置き」「貯める」「使う」の3つに分ける方法です。
 
●取り置き
突然の家電の故障や帰省費用、冠婚葬祭費用など、毎月発生する費用ではないけれど避けることができない臨時出費に充てるため、一定額を取り置きしておきましょう。
 
●貯める
ボーナスシーズンに金融機関で行われるボーナスキャンペーンで定期預金の金利を活用する、金額を決めて株式投資にチャレンジしてみるなどもよいでしょう。普段の先取り貯蓄よりちょっぴりアグレッシブに!
 
●使う
「取り置き」「貯める」分を確保したら、がんばって働いたあなたへのご褒美として、あとは思い切って「使う」。あえて普段ならしない贅沢に手を伸ばすことで、「もっとがんばろう」とモチベーションもわいてくるはずです。

クレジットカード2枚術で「使う」

クレジットカードは2枚に絞る

うっかりすると増えていくクレジットカード。でもマネーコンシャスな女性なら2枚(もしくは3枚)がベストです。例えばネットショッピングが多いならネットショッピング企業のカード、旅行が好きならマイルが貯まる航空会社のカードなど、生活動線でもっとも活躍の場がある1枚をメインのカードに決め、スーパーでの買い物、光熱費、新聞代、おけいこ代、被服費など、カード払いできるものはすべてこのカードで決済します。そうすればポイントが集約されるだけでなく、家計簿をつけていなくても明細がしっかり残るので楽ちんです。

サブのカードは、システムトラブルなどでメインカードが使えなかった時のみ使います。生活に大きな変化があった時に、メインのカードを見直してみるとよいでしょう。また、リボ払いは金利がかかるのでオススメしません。

デパート積立を活用する

洋服や靴、コスメなどのほか、結婚祝いや出産祝い、お中元やお歳暮、訪問時の手土産など、何かとデパートに足を運ぶ機会も多いのでは? よく利用するお気に入りのデパートがあるのであれば、デパート積立がオススメ。「デパート友の会」などでは、毎月一定額を積み立てていくと、1年後の満期には積立総額に1カ月分の積立額が上乗せになった金額の商品券がもらえるのが基本的な仕組みです。毎月1万円なら、1年後に13万円が受け取れ、年利換算にすると約8.3%もの利回りになるのです。

初心者でもやりやすい投信積立で「増やす」

少額から&低リスクの投資信託の積み立て

増やす=投資と聞くと、「ハードルが高い」と感じる女性は意外と多いですよね。投資信託は、多数の人が出したお金を1ヵ所にまとめ、プロがさまざまな株や債券に分散して投資するので、比較的リスクが小さいのがポイント。また、積立であれば最初に手続きするだけで手間がかからないですし、例えば毎月1万円など少額からでも始められるので、手元にまとまった資金がなくても心配ありません。「株の個別銘柄を選ぶ」「まとまった額をぼんと出す」といったことをしなくていいからこそ、初心者向けでもあるのです。


いかがでしたか? いきなりすべてにチャレンジできなくても、「これならすぐにできそう!」と思ったテクニックもあったのではないでしょうか。いそがしい方が多いからこそ、効率よく、自分らしく、“マネーコンシャス”な女性に近づきたいですね。

ファイナンシャルプランナー 大竹のり子氏の著書!

『なぜかお金に困らない女性の習慣 
これからの時代をマネーコンシャスに生きる!』


著者:大竹 のり子
出版:大和書房
定価:648円(税込)
 
入った分だけお金を使って貯金できない人もいれば、毎月の予算内で欲しいものを手に入れ、着々と貯金をしている人もいる……。マネーコンシャスな女性の共通点は、小さな習慣。「メンタル」「買い物」「貯め方」「家計管理」「仕事」「投資」「保険」「ライフイベント」の8つの習慣を軸に、実践的なアドバイスを詰め込んでいます。

監修:大竹 のり子氏 株式会社エフピーウーマン
株式会社エフピーウーマン代表取締役
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
 
1975年生まれ。編集者を経て、2005年に女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック「エフピーウーマン」を設立。個人向けのファイナンシャル教育やマネーコンサルティングの他、セミナーや企業研修の企画・講師派遣、ファイナンシャル教育カリキュラムの企画・監修、マネーライター育成事業などを手掛けている。
また、雑誌やテレビ・ラジオ出演など多くのメディアを通じ、正しいお金の知識を学ぶことの大切さを広く伝えている。
 
【主な著書】
『マネーセンスを磨けば、夢は必ずかなう!』(東洋経済新報社 2005/06)
『年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!―後悔しない、教育費の貯め方と使い方』(ダイヤモンド社 2010/05)
『貯金ゼロからはじめる ハッピー・マネーアドバイス』(あさ出版 2010/12)
『女の計算力おひとりさまマネープラン―わたし、一生でいくら必要なの?』(交通タイムス社 2011/12)
『届け出ひとつで「お金」がもらえる方法』(宝島社 2014/12)
『老後に破産しないお金の話』(成美堂出版 2015/01)
『なぜかお金に困らない女性の習慣 これからの時代をマネーコンシャスに生きる!』(大和書房 2015/02)

=======================================
「人生の”やりたい”を”できる”に変えるお金の教養スクール 基礎講座」
無料セミナー不定期開催中。詳細は上記ウェブページよりご確認ください。

UP DATE 2015/07/05

お役立ちライブラリTOPへ

食・くらし の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る