デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

毒だらけの体をクリーニング!
「冷えとり」で始める毒出し生活

現代日本人の体の中は毒まみれ!? 食べ物から入ってくる毒や、体の中で処理しきれなかった体内毒素は、血液にのっていろんな器官へ届けられ悪さをします。実は、「冷えとり」をすると、毒を外へ出しやすい体になるそうです! 「冷えとり」と「毒出し」の関係について、冷えとりアドバイザーの進藤幸恵さんにおうかがいしました。

「冷えとり」で体に溜まった毒を出す!

日々生活する中で、皆さんの体には毒となるモノが溜まっていきます。足元を冷やす生活や不規則な食生活などは毒のおおもと! 「自分本位」の心は「冷え」を呼び「毒」を溜めてしまいます。
 
「冷えとり」をすると、なんとこれらの毒を排出しやすい体になるんです!
 
前回でも述べましたが、下半身を温めると代謝がよくなり、奥底にたまった「毒」が少しずつ体の外へ出て行くと言われています。また、栄養素や酸素の巡りもよくなるため、体が元気になり、まるで散らかった家の中のゴミを片付けるように、体の中にあったゴミ(老廃物・毒)を順番に処理する力がわいてくるのです。

「冷えとり」をしたら体の調子が悪くなった!?

冷えとりをはじめて少し経つ頃、一時的に血圧が高くなったり、足の裏に水ぶくれができたり、肌が荒れたりと体の不調が目立つことがあります。
これは瞑眩(めんげん)と呼ばれる一種の好転反応です。毒を出す力が強くなったあまり、本来であれば、便や尿や汗として汗腺や呼吸などから自然に毒が排出されるのですが、排出しきれないほど「毒」が溜まっていたりすると、さまざまな形で出てくるようになるのです。西洋医学では、こういう症状にいわゆる「病名」を付けますが、私たちは「全ての症状は毒だし」と考えます。

そのまま「冷えとり」を続けて、体が毒を出すことに慣れてくると、体の循環が正常に働くようになります。足先や体の器官に直接症状が出る(=毒出しが現れる)のではなく、体に負担をかけない、排泄などの方法で自然と毒を排出できる体になっていくのです。長年溜まった毒を出すには少し時間が必要ですが、次第に瞑眩もおさまってくるでしょう。

ボロボロの靴下は体から毒が出た証

「冷えとり」をはじめてある程度の時が経つと、毒が出ているのが目に見えてわかるようになります。靴下を何度か履いているうちに、足から出た毒が影響して、冷えとり靴下がおもしろいくらいボロボロに破けてしまうのです。靴下が傷む早さには個人差がある上、穴が開いたり、変色してしまったりと傷み方もさまざまです。
 
実は、靴下が破れる部位によって、毒が出ている部分=今具合が悪いであろう器官がわかります。
 



かかと:婦人科系の器官
足の裏(土踏まず):腎臓
親指:肝臓、消化器
人差し指:肺
中指:心臓
薬指:肝臓
小指:腎臓・婦人科系の器官
 

おおよそ上記の器官に対応するとされています。自分の体のどこが具合の悪いかの目安になるでしょう。
 
症状がひどくなったり、履いている靴下が破れたりすると驚いてしまいますが、異常ではなく自然に起こり得ることなのです。自分から毒が出ている証だと思って、続けてみてください。
 
症状が長く続く場合や、改善されない場合は、中途半端に「冷えとり」をしている状態であったり、溜まっている「毒」を出している最中であるとも考えられます。毒出しは何年も続く場合もあります。症状に不安を感じる場合は、医師の診断を仰ぐことをお薦めします。
 
「冷えとり」により、本来の力を取り戻した体は、今まで溜まっていた体内のゴミをどんどん捨てることができます。「冷えとり」を続けていくうちに、次第に体はきれいになっていくでしょう。
 
------------------------------------
興味はあるけれど、まだはじめていない方、この記事で初めて「冷えとり」を知った方……。皆さんに「冷えとり」の魅力は伝わりましたか?
皆さんもぜひチャレンジしてみてください!

もっと「冷えとり」を知りたい方へ 進藤氏の書籍をご紹介!

『幸せになる医術 女性のためのもっとちゃんと「冷えとり」生活』
著者:進藤義晴、進藤幸恵
出版社:PHP研究所
出版年:2012年
価格:1,028円(税込)
※巻末では、冷えとり靴下を販売しているショップリストも掲載しています。
 
【その他の書籍】
『病気にならない「冷えとり」健康法』進藤義晴、PHP研究所。
『きょうからはじめる「冷えとり」レッスン 入門の書』2012年、進藤幸恵、エンターブレイン。
『新版 万病を治す冷えとり健康法』2000年、進藤義晴、治農山漁村文化協会。

進藤 幸恵氏
冷えとりアドバイザー
子すずめ・くらぶ主宰
 
冷えとりの第一人者である父・進藤義晴氏に代わり、現代では娘・幸恵氏がおもに「冷えとり」の良さを伝えている。愛知県を活動拠点をとしながら、日本全国の講演会や勉強会におもむき、「冷えとり」を指導する。普段重ね履きしている靴下は20枚。

UP DATE 2015/11/05

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る