デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

もう手荒れとはサヨナラ!
皮膚科医が教えるハンドクリームの選び方と使い方

ハンドクリームを使っていても、手荒れが治らない方! それはハンドクリームの【選び方】と【使い方】が間違っているのかもしれません。手荒れとサヨナラするためのハンドクリームとの正しいお付き合いの方法を野村皮膚科医院の院長、野村有子先生にお聞きしました。

あなたに合うハンドクリームはどれ?

ハンドクリーム売り場には、たくさんの商品が並んでいます。今、自分に必要なクリームはどれかご存知ですか?
 
■タイプ別選び方
【手がベタつくのがイヤな方】
ローション・乳液タイプがオススメ!
さらっとしていてべたつきにくいタイプ。伸びやすいので、日中パパッと使いたい時に。
 
【手がガサガサ常に乾燥している方】
軟膏タイプがオススメ!
脂っぽいので、べたべたしますが、保湿効果はとても高いモノ。荒れている時は軟膏タイプをたっぷり塗って、手袋をして寝ると一晩で綺麗になります。
 
【職場でハンドクリームを使う人が多い方】
チューブやポンプのクリームタイプがオススメ!
複数人で使う場合には、容器の中に手を入れなくてよい衛生的なタイプがオススメです。かさついている時は多めにマメに使う、よくなってきたら少なめにべたつかないように使うという具合に、自分で分量を調整しながら使いましょう。
 
■成分別選び方
【カサカサ肌や粉っぽい肌の方】
【かかとやひざがカチカチになってしまう方】
尿素系がオススメ!
角質化した肌をつるつるにします。ただし、尿素系のクリームは傷やあかぎれがある時には刺激が生じるため使えません。
 
【あかぎれやしもやけのある方】
【冷え性の方】
ビタミン系がオススメ!
ビタミンE配合タイプは血行を良くします。特に冷え性の方は、塗る時に軽くハンドマッサージをするとぽかぽかしてきます。手荒れやあかぎれ対策にもオススメです。
 
【まだ荒れていない手を保護したい方】
保湿系がオススメ!
保湿タイプは手荒れを“治す”ことには期待できません。手荒れの予防向き。
 
自分の手の状態を見て、もっとも適したタイプのものを使いましょう。一番大切なのは、ハンドクリームの使用感。いくら保湿に優れていても、ベタベタしてキモチワルイのでは続けられません。昼間はローションタイプでサラサラと、夜は軟膏タイプで保湿するなど使う時間や場面に合わせて使い分けてみましょう。お気に入りのハンドクリームを見つけて、習慣づけることが大切です。

ハンドクリームの正しい塗り方を伝授!

では、実際にハンドクリームを塗ってみましょう!
※野村皮膚科医院とユースキン製薬との共同開発

1. 手の甲に人差し指の第一関節ぶんクリームを用意する

2. クリームを軽く伸ばすように手の甲を重ねてすり合わせるように広げる

3. 手の甲をなでるように手のひらになじませる(左右)

4. 指の一本一本に塗りこむ。指をマッサージするように塗るのがコツ!

5. 指の間にもクリームがわたるようにする

※就寝時には、薄手の布手袋をして寝ると保湿効果UP!
 
手の甲だけでなく、手のひらまでまんべんなく塗るようにしましょう。
意外と忘れがちなのは指と指の間。乾燥しやすい部分でもあるので丁寧に。
 
夜寝る時には、綿や絹の手袋をして寝ると保湿効果UP!
特に絹の手袋は、通気性も良く温かいのでオススメ。ただ、1組あたりのお値段が多少高めなので、そこはお財布と要相談です。
綿素材の手袋は汗を吸ってくれるので、蒸れずに済みます。
正しいハンドクリームの塗り方を知って、つるつるキレイな手を手に入れましょう!

妥協で手荒れは加速する!

「このぐらいの作業なら手袋しなくてもいいや」「またすぐ手を洗うし、今はハンドクリーム塗らなくていいや」「もうつるつるになったし、ケアはもういらないか」
 
このような“妥協”が手荒れを進行させます。
皮膚は1ヵ月、表面の角質層は2週間かけて新しく生まれ変わっていくもの。表面が治ったように見えても、深い皮膚の部分はまだダメージを受けたまま、ということがよくあります。治りかけの時は絶対に妥協しないで、ケアを続けていきましょう。
手荒れは治ります。治らないときは、手洗いの方法が悪かったり、合わないハンドクリームを使っていたり、生活習慣が乱れていたりと必ず原因があります。自分の生活を見直して、原因を探し、解決していくことが大切です。
 


野村有子氏
野村皮膚科医院 院長
 
慶應義塾大学卒業後、同医学部皮膚科教室に入局。神奈県警友会けいゆう病院皮膚科勤務後、1998年、横浜に野村皮膚科医院を開院。アトピー性皮膚炎などのスキンケア指導にも力を入れている。その他、院内にヨガやイヤーセラピーなどの講師を招き、きれいを追求するさまざまな活動を広げている。アレルギー対応ルームや皮膚科のカフェも併設。
著書に『やさしい治療+こころのケアの「アトピーカウンセリング」(記入式)』(共著)。
 

キレイな手は若々しさと元気の象徴。皆さんもしっかり手荒れケアをして、キレイな手でお仕事に向かってください。

トップ写真提供:ペイレスイメージズ

UP DATE 2015/12/21

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る