デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

利用者のご自宅では、マナーも見られている!
思いやりの心が伝わる「訪問看護のマナー」

医療や介護のあり方が多様化し、「老後も自分らしく生きたい」「住み慣れた自宅で看護・介護を受けたい」という方に向けた「在宅ケア」のニーズが高まっています。看護師の皆さんが個人宅へ訪問する機会は、今後ますます増えていくのではないでしょうか。そこで、訪問看護のマナーを、マナーデザイナーの岩下宣子さんにお聞きしました!

ご本人からも、ご家族からも信頼されるために

訪問看護のサービスは1回で終わるものでなく、定期的に長く続いていくもの。ご本人はもちろん、ご家族といい関係性を築くことがとても重要です。利用者のご自宅というプライベートな場所でのケア、しかも、相手は自分より圧倒的に年上です。失礼のないようにしなければいけませんが、ふるまい方がわからないと自分のことで精一杯になり、看護に集中できなくなってしまいます。そんなとき、心に余裕をもたらしてくれるのがマナーです。

マナーは、愛の心をわかりやすい形で伝えるルール

マナーというと、体裁だけを繕う堅苦しいものと思いがちですが、本来の意味は「自分を大切にするように、人も大切にする気持ち」のこと。つまり、自分がされてうれしいことをする、自分がされて嫌なことはしないという愛の心から生まれるものです。「この思いやりの心を相手に伝わるように表現するためにはどうしたらいいだろう?」という疑問に対して、先人たちが「このようなときには、こうしたらいいよ」と教えてくれた生活の知恵が、マナーなのです。いわば、失礼のないふるまい方のルールともいえます。

さっそく実践! 訪問看護のマナーのポイントとは?

ポイント1:相手の気持ちを尊重して、思いやりの心を磨く!
まず、重要なのは思いやりの心。相手の立場を考えること、つまり、「自宅で介護を受けたい」というご本人やご家族の気持ちを尊重することが大切です。看護という面では、どこで提供するものでも根本的には変わりありませんが、訪問看護では特に、利用者のご家庭に足を踏み入れるという意識を忘れずに。常に、「自分がしたことで相手が喜んだら、その喜びは2倍になって帰ってくる」と肝に銘じ、思いやりの心を表現しましょう。
 
ポイント2:マナーのルールを知り、センスを磨く!
次に大事なのは、ルールを知ること。例えば、訪問先に着いたら、人に会う最初のマナーとして身だしなみを整えます。続いてチャイムを鳴らしますが、このとき、返事がなかったらどうしますか? すぐにもう1度鳴らしますか? そんなときは、「この家のいちばん奥にいたとしたら、玄関まで移動するのにどのくらい時間がかかるかな?」と考えましょう。もう1度チャイムを鳴らすなら、その時間を待ってから。これが、マナーの“センス”です。センスを磨けば、より心のこもったマナーを実践できるでしょう。

<モデルケース>失礼のない訪問看護のマナー

では、訪問看護・訪問介護の流れに沿って、マナーをみていきましょう。ただし、職場のルールがある場合は、それに従ってください。
 
玄関前では……
身だしなみを整えてから、チャイムを1回鳴らします。ご家族から「どうぞ」と言われたら、「失礼いたします」とあいさつして家の中に入りましょう。鍵を預かって入る場合は、一呼吸おいて、鍵を開けます。

コートを着ている場合は玄関前で脱ぎます
家の中に入る前に、コートを着ていたら脱ぎ、マフラーや手袋も外します。コートは、生地についたほこりを家の中に持ち込まないよう、裏返しにたたみましょう。簡単に綺麗にたたむ方法があるので、ぜひ実践してみてください。
 
■スマートなコートのたたみ方

①コートを脱いだら、前面から両肩の部分に

両手を入れて、その両手を合わせる。

②左の手首を上にひねるようにして

右肩部分を裏返しにし、左肩と重ね合わせる。

③左手を肩の部分に入れたまま、右手で襟の形を整える。

④左手はそのままで、右手で襟の中心をつまみ、コート全体を2~3回、軽く上下させる。

⑤裏返しのまま、綺麗に二つ折りにして、腕にかける。

玄関では……
靴を脱ぐときは、前向きのままで。そのまま上がり、ご家族に背を向けないように膝をつき、脱いだ靴の向きを変えて玄関の端に寄せます。コートを持っていた場合は、軽く折りたたみ、玄関の邪魔にならないところに置かせてもらいましょう。
 
部屋に入ったら……
戸の開け閉めは丁寧に。「バタン!」と大きい音を立ててしまうと、利用者さんがびっくりしますし、ご家族からもモノを雑に扱う人だと判断されてしまいます。また、和室の場合は、目線の高い人が優位となるので、あいさつをするときは座布団から降りて正座で。座布団の上、畳の縁、敷居を踏まないようにするのもマナーです。一方、洋室の場合は、座っている人(楽な姿勢をしている人)が優位となるので、椅子から立ち上がってあいさつしましょう。
 
看護をします
その日の看護内容の説明や、診療の結果、アドバイスを伝える際は、ご本人やご家族にわかりやすい言葉で明確に。また、話しかけるときは顔だけでなく、できるだけ全身を相手に向けて、「真剣に聞いています」という気持ちを表現しましょう。また、笑顔を絶やさないのもマナーです。
 
看護が終わったら……
次の訪問の予定を伝え、「失礼いたしました」とあいさつしてから帰ります。帰り際もドアを静かに閉め、コートを持っている場合は、玄関の外で着ます。

こんなとき、どう対応する? マナーQ&A

Q.通い慣れてしまうと、どうしてもガサツになってしまします。そうならないために心がけることは何でしょうか?

A.慣れからくる油断、甘えです。信頼関係ができたといっても、手を抜いたら今まで築いてきた信頼関係も水の泡。そうならないために、常に、「相手に与えた気持ちは、必ず自分の元へ2倍になって帰ってくる」という気持ちで仕事をしましょう。相手を大切にしなければ、自分も幸せになれません。マナーを実践することは、自分のためでもあるのです。

Q.認知症の患者さんに、ついイライラしてしまいます。改善法はありますか?

A.常に自分自身を客観的にみる訓練をおススメします。自分自身のふるまいをチェックする習慣をつけると、相手の態度に左右されずに自分の感情がコントロールできようになります。また、思いやりの愛の心は、与える側・与えられる側、双方の脳を活性化させるといいます。イライラしそうになったら、「脳が活性化するチャンス!」と思って、愛を与えることに集中しましょう。
 

マナーについて深く知りたい人におススメの2冊!

図解 マナー以前の社会人常識
出版:講談社+α文庫
定価:680円(税別)
 
好感度がアップする美しいマナー/イラストでよくわかる
出版:幻冬舎文庫
定価:571円(税別)

『図解 マナー以前の社会人常識』

『好感度がアップする美しいマナー/イラストでよくわかる』

監修:岩下宣子氏
マナーデザイナー
現代礼法研究所主宰 NPO法人マナー教育サポート協会理事長

共立女子短期大学卒業後、キッコーマン(株)入社。全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流礼法の小笠原清信氏のもとでマナーを学ぶ。1984年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして企業、学校、商工会議所、公共団体などでの指導、研修、講演や執筆活動のほか、テレビなどのメディアでも活躍。主な著書は、『図解 マナー以前の社会人の基本』『図解 マナー以前の社会人常識』(ともに講談社)、『好感度がアップする美しいマナー/イラストでよくわかる』(幻冬舎文庫)、『知っておきたいビジネスマナーの基本』(ナツメ社)など多数。

UP DATE 2016/02/05

お役立ちライブラリTOPへ

食・くらし の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る