デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

看護師に期待大!
一般病棟で行うリハビリメイク

命が助かる、身体が以前のように動くようになる、傷が治る……治療のゴールとは、いったいどこにあるのでしょうか。医学的には「治った」状態でも、傷の痕などが原因で、患者さんが社会復帰をためらっていたら……。そんな方たちをメイクの力でサポートする「リハビリメイク」を提唱するのが、フェイシャルセラピストのかづきれいこ氏。第2回では、「リハビリメイク」が一般病棟で役立てられる可能性についてお聞きします。

かづきれいこ氏
フェイシャルセラピスト
歯学博士
公益社団法人顔と心と体研究会 理事長
REIKO KAZKI主宰
http://www.kazki.co.jp/
 
生まれつき心臓に穴が開いていたため、冬になり血流が悪くなると顔が真っ赤になる悩みを抱えていた。心労で倒れた際にASD(心房中隔欠損症)とわかり、30歳の時手術で完治。それを機にメイクを本格的に学び、同じように外観に悩みを抱える方たちの力になりたいと考えるようになる。
そして、傷痕などのカバーだけでなく、患者さんの心をケアするリハビリメイクを考案、提唱し、1995年から研究を続けている。現在は医療機関と連携し、患者さんが社会に踏み出すことができるようメイクの力で後押ししている。大学病院などで外来をもつほか、医学部や歯学部での講師、学会・講演会などでも活躍。

看護師がリハビリメイクをする時代が来る!?

記事前編はこちら
メイクの力で患者さんも晴れやかな気分に!
かづきれいこの「リハビリメイク」


リハビリメイクのご要望も高まり、病院の中で求めてくださる方も増えるのではないかと感じています。現在私は大学病院などで医師の方々のご協力のもと、リハビリメイク外来を開いていますが、一般病棟などでも取り入れて役立てられたらと考えています。
 
それにはやはり、看護師さんの存在がとても重要です。看護師さんは、患者さんにとって安心できる存在。看護師さんは普段から患者さんをよく看ておられ、悩みや求めていることを引き出しやすいはずです。私のような専門家が突然メイクに伺うよりも、身をゆだねやすいのではないかと思います。将来的に、看護師さんご自身が患者さんへのリハビリメイクの施術者となり、アドバイスできるようになればと願っています。

実践! たった30秒で表情が変わる「ふきとり洗顔」と「血流マッサージ」

リハビリメイクは、患者さんだけでなく看護師さんご自身のメイクにも役立ちます。夜勤が続くと疲れた顔になっていきますよね。疲れた顔をしている看護師さんが、メイクで簡単に“輝く白衣の天使”に戻れる方法を合わせて学んでいただきたいですね。
今回は基礎となる「血流マッサージ」と「ふきとり洗顔」をぜひ覚えてください。静脈の流れに沿って上から下へ、心臓に血を戻すように行うマッサージで、解剖学に基づいた医学的根拠のあるマッサージです。出勤前のメイク時に、ぜひ実践してみてください!

まず、「ふきとり洗顔」は肌の乾燥が気になり始めた30代以降の方におすすめのスキンケアです。肌が老化する一番の原因は「乾燥」。年齢を重ねると皮脂の分泌量が減り、肌の水分の蒸発を防ぐ役割を充分に果たせなくなってしまいます。
洗顔料を使って洗うのではなく、化粧水とスクワランオイルを含んだコットンで汚れを拭き取る「ふきとり洗顔」なら、お湯や洗顔料を使った時のように、皮脂を落とし過ぎることはありません。皮脂を守ると同時に、肌にうるおいを与える一石二鳥の“洗顔”方法です。
まるで顔を洗ったようにさっぱりして喜ばれるので、ご自身だけでなく寝たきりの患者さんにも、ぜひ実践してみてください。
 
■ふきとり洗顔の手順
用意するもの:化粧水、スクワランオイル

①コットンにたっぷりの化粧水とスクワランオイルを適量含ませます。

②耳の下からあご先に向かって、上から下へとやさしく拭きます。力を入れてこすらないよう、注意してください。

次に、顔の血流を良くし、きれいな肌をつくる「血流マッサージ」をご紹介しましょう。

■血流マッサージの手順
用意するもの:メイク用のスポンジ、美容液(さらりとしたタイプ)

①スポンジを水で濡らしてかたく絞り、さらりとした美容液を数滴含ませます。片方の手の指で目じりの皮膚を斜め上に引き上げた状態で、スポンジを目の周りで1周させ、耳の下へやさしくすべりおろします。
 
②耳の下からあご先へ向かって、フェイスラインに沿ってスポンジを滑らせます。この部分は比較的皮膚が厚いので、気持ち良く感じる程度に力を入れて大丈夫。①→②をあわせて30秒ほど繰り返し行います。
 
出典:『かづきれいこの自分を愛するためのメイクメソッド』かづきれいこ著、2015年、PHP研究所。

ぜひ、ご自身のお顔でお試しを。顔のむくみが取れ、スッキリしますよ♪

夢はメイク検定! 多くの方が学べる体制をつくりたい

「血流マッサージ」のほかにも、患者さんをメイクの力で元気にする方法はたくさんあります。
例えば私が理事長を務める公益社団法人 顔と心と体研究会では、検定制度を設けてメイクを学ぶ体制づくりを進めています。検定制度を通じて、看護師や介護士の方々をはじめ多くの方がテクニックを学び、実践できる環境を整備していきたいと思っています。

顔と心と体研究会 シンポジウム「食がつくる美 ~賢く食べる、将来のために」

2016年、リハビリメイクの研究をはじめて20年経ち、ようやく日本医科大学で行っているリハビリメイク外来を厚生労働省の方に視察いただく機会に恵まれました。私の夢への大きな一歩となり、患者さんにとってより良い方向に進むことを祈っています。今後、メイクがQOL向上のひとつとして、より多くのケアに役立つことになるでしょう。私はこれからも研究を進め、可能性を探っていきたいと思います。

リハビリメイクをもっと知りたい!方へ

『リハビリメイク 生きるための技』

著者:かづきれいこ
出版社:岩波書店
価格:799円(税込)

UP DATE 2016/10/31

お役立ちライブラリTOPへ

美容・健康 の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る