NEWS 2018

イベント・学会 2018.06.20

「身体拘束ゼロセミナー」開催、身体拘束の廃止に向けた意識啓発が目的(滋賀県)

2018年7月21日、滋賀県と滋賀県社会福祉協議会は、
介護の現場における身体拘束撲滅に向けた「身体拘束ゼロセミナー」を開催します。
 
認知症ケアではやむを得ず身体拘束を行う場合があります。
しかしそれは、本人の体の自由を奪うだけでなく、
人間としての尊厳も傷つけてしまう可能性があるものです。
介護を受ける高齢者の方が、その人らしく暮らすためには、
心も身体も縛らないケアを、継続して実践していくことが大切だと言われており、
今回のセミナーは、身体拘束の廃止に向けた意識啓発を行うことを目的に開催されます。
 
【日時】
2018年7月21日(土)13:30~16:00(受付13:00~)
 
【場所】
滋賀県立長寿社会福祉センター内一階大教室(草津市笠山7丁目8-138)
※ 会場へは、公共交通機関をご利用ください。
    JR瀬田駅、JR南草津駅からバスで「長寿社会福祉センター」下車。
 
【内容】
講演:「身体拘束廃止にかかる課題と実践について」
講師:東北福祉大学 総合福祉学部 社会福祉学科 准教授
         認知症介護研究・研修仙台センター 主任研究員 吉川 悠貴氏
 
【対象】
施設関係者、その他身体拘束廃止や認知症ケアに関心のある方
定員:300名(先着順)
 
【参加費】
無料
 
【申し込み方法】
参加申込書に必要事項をご記入の上、下記あてに郵送またはFAXにて申し込み。
※ 2018年7月13日(金)必着
 
【申し込み先】
社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会 福祉研修センター
電話:077-567-3927
FAX:077-567-3910

 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る