NEWS 2018

看護 2018.08.01

専門職資格取得助成を3年から4年へ 看護師、理学療法士などを目指す社会人の後押しに(厚生労働省)

厚生労働省は、看護師や理学療法士、歯科衛生士など一部の専門職の
資格取得を目指す社会人への学費助成期間を
現行の3年から4年に広げることを決めたと発表しました。
 
これらの国家資格は、専門学校や短大で学べば最短3年で取得できるものの
夜間や土日に開講する定時制を選択すると、その多くが4年かかるケースも。
同省の調査では、助成制度が創設された2014年10月から
昨年9月までに助成を受けた1万2533人のうち、53%を在職者が占めていました。
この結果を受け、同省は勤務の合間に定時制講座を受講している
社会人のニーズが高いと判断。今回の決定にいたりました。
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る