NEWS 2018

介護 2018.09.11

認知症の人や家族らがマラソンでタスキをつなぐ(認知症 フレンドシップクラブ)

2018年9月8日、
NPO法人「認知症 フレンドシップクラブ」が主催する
【RUN伴(ランとも)2018】が開催されました。
 
RUN伴は認知症の人と一緒にタスキをつなぐ体験を通して、
誰もが暮らしやすい地域づくりを推進する活動。
昨年度は、全国各地で約1万5千人
(うち約1600人が認知症当事者)が参加しました。
7年目となる今年は、7月から11月にかけて
全国各地で開催される予定です。
 
当日、燕市などでは当事者らがオレンジ色のシャツで市街地を駆け抜け、
タスキをつなぎました。
認知症の疑いがあると診断された参加男性(57)は、
ゆったりとした足取りで約2キロを走りきり
「手を振ってくれた人たちがいてうれしかった。もっと走りたい」と
笑顔で話しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る