NEWS 2018

医療 2018.09.12

がん3年生存率71.3%。国立がん研究センターが初集計(日本国立がん研究センター)

2018年9月11日、日本国立がん研究センターは、
全国のがん診療連携拠点病院などから収集した院内がん情報を用いて、
2011年の一年間に診断された患者の3年経過生存率と、
2008年、2009年に診断された患者について、
治癒の目安とされる5年を経過した生存率を報告書でまとめ、公開しました。
 
今回の集計では、拠点病院のうち268施設の患者、約30万6千人を分析。
胃、大腸、乳房、肝臓、肺の主要5部位に加え、
食道、膵臓、前立腺、子宮頚部、子宮体部、膀胱の6部位を加えた11部位について、
がん以外の死亡の影響を取り除いた「相対生存率」を算出しています。
 
報告書によると、がんと診断された患者の3年後の生存率は、がん全体で71.3%。
特に、膵臓がんの3年生存率が15.1%にとどまり(5年生存率は10.0%)
5年生存率が低いがんは3年でも低い傾向がみられました。
 
一方、前立腺がん(99.0%)、乳がん(95.2%)、
子宮体がん(85.5%)は比較的高い数値を記録。
ほかの部位では、子宮頸がん(78.8%)、大腸がん(78.1%)、胃がん(74.3%)、
ぼうこうがん(73.5%)、肝臓がん(53.6%)、食道がん(52.0%)、
肺がん(49.4%)と続きました。
 
多くのがんでは、5年の生存状況を一つの治癒の目安としてこれまで用いてきたため、
国立がん研究センターでは、これまで診断から5年後の生存率を報告してきました。
しかし、平成30年3月に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画に基づき、
5年生存率より早い段階の3年生存率集計を行いました。
新しい薬や、治療の効果を早く把握できるようになり、
がん対策に活用できるのではと期待されています。
 
 
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る