NEWS 2018

福祉 2018.10.25

障害者手帳、カード化で持ち運びがしやすく(厚生労働省)

2018年10月24日、厚生労働省は、
希望者を対象に、障害者手帳を持ち運びがしやすいカード型でも公布ができるよう、
症例を改正することを決定しました。
 
対象となるのは、身体障害者手帳と、精神障害者保健福祉手帳。
厚労省によると、2017年3月時点で、
身体障害者手帳の交付を受けている人は約514万人、
精神障碍者保健福祉手帳は約92万人です。
 
現在の手帳は、サイズが縦10センチ前後の紙のもの。
そのサイズの大きさから、障害者団体などから
カード化するよう要望が出ていました。
新しく公布されるカードは、
運転免許証などと同じサイズのプラスチック製。
氏名や住所、障害の内容などが記載される予定です。
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る