NEWS 2019

医療 2019.02.01

【インフルエンザ情報】インフル患者推定222万人、1999年計測以降過去最多に(厚生労働省)

2019年2月1日、厚生労働省は、
全国約5千カ所の定点医療機関から報告された、
最新の一週間(1月21日~27日)の患者数が、
一か所あたり57.09人だったと発表。
現在の調査方法となった1999年以降、過去最多を更新しました。
 
厚生労働省によると、全国の推計患者数は約222万6千人で、
前週から約9万6千人増加。
定点1医療機関あたりの患者数は、
全都道府県で「警報」レベルの30人を超えました。
都道府県別では、埼玉が最も多く84.09人。
次いで新潟77.70人、千葉73.00人、宮城69.81人、神奈川67.94人と続きます。
 
年齢別では5~9歳が約41万1千人と最も多く、
次いで10~14歳も約29万人に上っています。
休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校は
全国で8928施設と、前週の6343施設からさらに増加しており、
インフルエンザの大流行が、1月に入ってから続いています。
 
厚労省は「手洗いうがいやせきエチケット、人混みを避けるなどの対策とともに
具合が悪ければ早めに医療機関を受診してほしい」と、
感染拡大防止のための注意を呼びかけています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る