NEWS 2019

看護 2019.04.08

「現在勤めている医療施設に不満がある」看護師は約7割。給与や休暇が不満の要因に(株式会社エイムプレス)

2019年4月3日、株式会社エイムプレスは、
全国の20~40代の現役女性看護師100人に対して行った
「医療施設に対する本音とキャリアに関する意識調査」の結果を公表しました。
 
調査では、「現在の医療施設に不満はあるか」という問いに対し、
「やや不満」と回答した方が42.0%と最も多く、次いで「不満がある」が24.0%、
「どちらともいえない」が20.0%、「あまり不満はない」が11.0%、
「不満はない」が3.0%という結果になりました。
「やや不満」と「不満がある」の合計が66.0%となり、
約半数以上の看護師が現在働いている医療施設に不満があるという結果になりました。
 
また、「不満がある」「やや不満」を選んだ方に、
不満に思う具体的な理由をお聞きしたところ、
最も多かったのは「給料」の69.7%でした。
次いで、「休暇の取得」が39.4%、「仕事量」が36.4%、
「人間関係や雰囲気」と「福利厚生」が22.7%、
「仕事へのやりがい」が21.2%、「環境整備(設備・施設)」が18.2%という結果に。
 
精神的にも体力的にもハードな仕事であるという側面から、
給与に不満を持つ看護師も多いのかもしれません。
 
アンケート結果の詳細は下記にてご確認いただけます。
https://www.biyou-nurse.jp/questionnaire/

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る