NEWS 2019

医療 2019.06.07

訪日外国人増加に対応 拠点医療機関を9月までに選定(厚生労働省)

厚生労働省は、各都道府県に外国人患者を受け入れ可能な
拠点医療機関を9月末までに選定し報告するよう求めました。
 
拠点医療機関は、入院が必要な重症患者を受け入れる救急病院と
軽症を診察する医療機関の2種類。
外国人患者に対応するため、通訳者の配置や翻訳機器の
活用などの確認が急がれます。
 
厚労省は、各都道府県が選定した拠点をリストにし、
外国人向けのホームページに10月頃に掲載予定。
 
2020年夏の東京五輪開催前に、外国人が安心できる医療体制の整備を目指します。
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る