NEWS 2019

医療 2019.08.06

社会保障給付費 2017年度、120兆円と過去最高を更新(厚生労働省)


厚生労働省の国立社会保障・人口研究所は
8月2日に2017年度の「社会保障費用統計」を公開しました。
 
「社会保障費用統計」とは、
年金や医療保険、介護保険などの社会保障制度に関する一年間の支出を、
OECD(経済協力開発機構)基準による「社会支出」と、
ILO(国際労働機関)基準による「社会保障給付費」の二通りで集計するもの。
社会保障や財政を検討する際の資料として活用されています。
 
社会保障給付費を「医療」「年金」「福祉その他」に
分類してみたところ、「医療」が39兆4195億円
「年金」が54兆8349億円、「福祉その他」が25兆9898億円と
総額120兆2443億円となりました。
 
社会保障給付費を前年度と比較すると
1兆8353億円の増加がみられ、過去最高金額を更新したとしています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る