NEWS 2019

福祉 2019.10.09

健康寿命を食で支える 本年度から「健康食イノベーション・プロジェクト」に取り組む(静岡県)


静岡県は本年度、健康寿命の延伸を目指し、
新たに「健康食イノベーション・プロジェクト」に
取り組むことを発表しました。
 
健康寿命とは平均寿命のうちで、健康に問題なく、
活動的に暮らせる期間のことを指します。
同県は、県民の健康を支える取り組みを積極的に行っており、
厚生労働省の健康寿命に関する調査では、
健康寿命の平均値が過去3回、全国2位となっています。
 
今回の「健康食イノベーション・プロジェクト」では、
機能性食品を組み合わせた健康効果の高い食事メニューの開発や、
健康食を活用するシェフ「メディシェフ」と連携した、
レストラン・ホテルでのメニュー提供などが予定されています。
 
同県の健康増進課によると、同県の健康寿命は
トップクラスを維持しているものの、
最近は下落傾向が見られているとのこと。
今回のプロジェクトで新たな取り組みに挑戦し、
県民の健康寿命を延伸していくことが期待されています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る