NEWS 2019

医療 2019.11.26

血液1滴で13種類のがんを99%の精度で検出 がん検査キットを開発(東芝他)

11月25日、株式会社東芝(以下、東芝)は、
わずか1滴の血液から13種類のがんの検出を可能にした検査キットを開発、
2020年から実証試験を進めていくことを発表しました。
 
当技術開発は、東芝、東京医科大学、
国立研究開発法人国立がん研究センター研究所の共同研究によるものです。
研究では、がんができると血液中に増加する「マイクロRNA」に注目。
東芝独自の電気化学的な「マイクロRNA」検出技術を活用することで、
すい臓がん、乳がんなど13種類のいずれかのがんを患っているかどうかを
2時間以内に99%の精度で判定できたと言います。
さらに、大きさが1cmに満たない早期のがんの発見も確認しました。


2020年に始める実証試験では、
新たにがんと診断された患者などを対象に、判定精度を検証。
実証試験結果を受けて、2021~2022年には
人間ドックの血液検査などでの実用化を目指します。
 
将来的には、13種類のがんのうち、
どのがんにかかっているかを特定する技術開発も推進していくとのこと。
生存率に大きく関係するがんの早期発見技術の向上に期待が高まります。
 
なお、当技術の詳細は、12月3~8日に福岡にて開催される
「第42回日本分子生物学会年会」にて発表される予定です。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る