NEWS 2019

医療 2019.11.27

24時間診療のために医療機関を統廃合 世論調査で68.9%が賛成(内閣府)

11月22日、内閣府は
「医療のかかり方・女性の健康に
関する世論調査」の結果を公表しました。
 
同調査では無作為に抽出された、
日本国籍を持つ、18歳以上の5000人を対象にアンケートが送付され、
2019年の7月26日から9月10日の間で、
半数以上の56%(2803人)が回答しました。
その中で、「医療機関の統廃合の賛否」が注目されています。
 
24時間診療が行えるよう、いくつかの医療機関を統廃合し
医療スタッフを集めるという考えについての賛否に対し、
「賛成」「どちらかといえば賛成」が合わせて68.9%、
「反対」「どちらかといえば反対」が28.2%という結果に。
 
厚生労働省が9月に発表した、
「再編統合について特に議論が必要」とされる
424の病院について地方の病院で懸念の声や反発が相次ぐ中、
厚生労働省は「今回の結果だけをもって再編や統合が必要だと
言うことはなく、地域での議論の材料にしてもらいたい」と話しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る