NEWS 2020

Nursing-plaza.com 2020.02.03

新型コロナウイルス 治療と同時に求められる「感染管理」(Nursing-plaza.com)

新型コロナウイルスの流行を受け、
全国の感染症医療を専門とする医療センターなどでは、
感染患者への対応訓練が行われています。
 
飛沫感染や接触感染が主な感染方法である新型コロナウイルスは、
院内感染の可能性が非常に高いウイルスです。
院内感染とは
1.病院などで患者が原疾患とは別に新たに罹った感染症
2.医療従事者が児施設で感染した感染症
のことを指します。
 
厚生労働省は医療機関に対し、
手洗いなど一般的な衛生対策に加え、
国立感染症研究所が公開しているガイダンスを参照するよう呼び掛けています。
また、国立感染研究所の
「新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策」では、
「新型コロナウイルス感染症患者の確定例、疑い例、または
検査対象者が受診する医療機関においては、診療に関わらないが
これらの患者と対面する可能性のある職員(受付、案内係、警備員など)の
感染予防策にも十分配慮する」ことが重要であるとしています。
 
Nursing-plaza.comでは、
院内感染について舩木曜子さんのインタビューを掲載しています!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日々の感染管理が院内感染を未然に防ぐ
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る