NEWS 2020

医療 2020.04.17

緊急事態宣言の対象拡大 7都府県から全国へ(首相官邸)

4月16日、政府は新型コロナウイルス感染拡大を受け、
緊急事態宣言の対象を7都府県から全国に拡大しました。
 
これまで北海道や愛知県、京都府などを
新たな宣言対象地域にする方向で検討が進められていましたが、
「国内での蔓延を防ぐには広い範囲を対象に
宣言を行うべきだ」との意見が政府内で
強まったことが今回の決定に繋がりました。
 
まだ感染者が出ていない岩手県をはじめ、
感染者数に幅がある中で全国拡大に踏み切ったことで、
政府は「特別警戒都道府県」という概念を新たに創設。
特に重点的に感染拡大防止の取り組みが必要な、
北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの県と、
これまでの宣言の対象であった7都府県の13の都道府県を
「特別警戒都道府県」と位置づけ、
都道府県間に濃淡をつけた上で対象を広げました。
 
緊急事態宣言の拡大に伴い、政府は、
全国の住民に対し、大型連休中の
県外への移動については法律に基づいて自粛を要請。
発令期間は変わらず5月6日までとなっています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る