NEWS 2020

医療 2020.05.11

新型コロナ 相談・受診の目安を見直し(厚生労働省)

5月8日、厚生労働省は新型コロナウイルス感染症に関する
「相談・受診の目安」を新しく更新しました。
 
今まで「37.5度以上の発熱が4日以上続く」場合を
目安としていましたが、4日以上続かなければ
相談の対象にならないと誤認されたり、
保健所が検査を断り、受診が遅れたりするケースが相次いだため、
今回の更新では記載をなくしました。
 
更新された相談・受診の目安では、
〇息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ(倦怠感)・高熱などの強い症状のいずれかがある
重症化しやすい人(※)で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある人や、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている人
〇上記以外で、発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続く
場合は「帰国者・接触者相談センター」などに
すぐ相談するよう記載されています。
 
ほかにも妊婦や小児の受診についてや、
医療機関にかかるときのお願いなども記載されています。
詳しくは以下の資料を参照ください
「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省)」

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る