NEWS 2020

看護 2020.05.15

新型コロナウイルス感染症 日本看護協会会長がメッセージを公表(日本看護協会)

日本看護協会の福井トシ子会長は、
拡大が広がる新型コロナウイルス感染症のケアにあたる看護職と、
不安を抱える国民のみなさまに向け、コメントを発表しました。
 
―――――――――――――――――――――――――――――
 
「『看護の心をみんなの心に』これは30年前に
『看護の日・看護週間』が制定されたときからのメインテーマです。
 新型コロナウイルス感染症対策で、国全体が、
先の見通しのつかない不安から、様々なストレスを抱えています。
そして、ご自分の不安や怒りを誰かにぶつけたくなる時も多々あるかと思います。
でも、そんな今だからこそ、一人一人が看護の基本である
『看護の心』『思いやり』『ケアの心』を持ち、
互いを思いやれる生活ができることが、とても大切なことです。
 看護の心をもつプロフェッショナルが、看護職です。
自分の不安や、思うようにケアができないジレンマと闘いながらも、
看護の力と笑顔をもって、それぞれの現場で日々戦っています。
 ぜひ、国民の皆さまには、本日が看護職に
思いを寄せていただく一日になることを願います」
 
公益社団法人日本看護協会 会長 福井トシ子
 
――――――――――――――――――――――――――――――
 
同協会は新型コロナウイルス感染症に関する
看護職の相談窓口や、Twitterのハッシュタグキャンペーンなど、
さまざまな取り組みを行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る