NEWS 2020

Nursing-plaza.com 2020.05.20

【New!】男子不妊症看護だからこそ求められるケアとは?(今月のインタビューの後編を更新しました)

5月のテーマは「男性不妊」。

不妊治療といえば、まだまだ女性が受診するものだという見解も多く、
実際の医療現場でも不妊治療のほとんどが、
婦人科で女性に対してのみ行われているという現状があります。
しかし、不妊の原因の約半数は男性にもあると言われており、
男性不妊の診療体制の整備、そして男性不妊専門医や看護師の育成が急務となっています。

今回は、日本の男性不妊治療の発展を先導している
順天堂大学医学部附属浦安病院 泌尿器科 教授 辻村 晃先生に
男性不妊治療の現状、そして、男性不妊症看護に求められるケアについてお聞きしました。
男性不妊という現実に直面している患者さんに対して、
看護師さんはどのように向き合っていくべきなのでしょうか。

ぜひご一読ください!

現状や原因、治療を正しく理解し、「男性不妊症看護のスペシャリスト」をめざしてほしい



 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る