NEWS 2020

医療 2020.05.20

血栓や治療薬「レムデシビル」についても言及。「新型コロナウイルス感染症 診療の手引」改訂版を公表(厚生労働省)

2020年5月18日、厚生労働省は
医療従事者向けに作成した、
「新型コロナウイルス感染症 診療の手引」の内容を一部改訂して公表しました。
 
この診療の手引きは、2020年3月に
新型コロナウィルス患者の治療に当たる医師などで作った委員会が作成したもの。
医療関係者向けに診断のポイントや治療の考え方などをまとめています。
 
改定版では、重症化に関連があるとされる「血栓」の検査や治療について、
また、5月に新たに承認された治療薬「レムデシビル」についてなど、
新型コロナウィルスの最新の治療ポイントを掲載。
 
厚生労働省では、
「血栓は特に重症患者で呼吸不全の原因につながっていると考えられる。
血栓症が起こっていないか注意深く確認することが
重症化を回避するため非常に重要だ」と呼びかけています。
 
 
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症 診療の手引」<改訂版>はこちらから↓
https://www.mhlw.go.jp/content/000631552.pdf

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る