NEWS 2020

医療 2020.05.29

北九州で21人感染 新型コロナウイルス感染症、第2波の懸念(北九州市)

5月28日、北九州市で新たに21人の
新型コロナウイルス感染者が確認されました。
 
4月30日から5月22日にかけて0人だった同市ですが、
5月23日から6日連続で感染者が判明。
2桁を超えたのは4月1日以降初となります。
 
今回感染が確認された21人のうち、
9人は門司区の「門司メディカルセンター」の医療スタッフで、
他の感染者も医療従事者や介護施設職員などが多くみられます。
 
また、同日に神奈川県で10人、北海道で7人の感染を確認。
緊急事態宣言解除後、各地でクラスタ―が発生していることから、
新型コロナウイルス感染症「第2波」の懸念が高まっています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る