NEWS 2020

医療 2020.06.08

新型コロナ対応 医療人材確保に向け新たなWebサイトを開設(厚生労働省)

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は、 
新型コロナウイルスの感染が再び拡大した場合、
対応する医療人材等を即座に確保できるよう、
Webサイト「医療のお仕事Key-Net」を開設すると発表。
6月中にもサイトを開設し、運用を開始するとしています。
 
合わせて、各地域における緊急的な医療人材等の確保を促す取り組みとして、
「緊急医療人材等確保促進プラン」を実施することも明言。
従来のハローワーク・ナースセンターなどによる医療人材等の確保を促進するほか、
各地域の幅広い層の求職者に対して医療人材等の募集情報を提供し、
「医療のお仕事Key-Net」を通してマッチングできる仕組みを整備するとのことです。
 
医療人材等の確保を必要とする医療機関や保健所などにおいては、
採用者に対して研修を受講させることを条件に、随時、
G-MIS(新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム)を通じて
簡単に募集情報の登録を行うことが可能です。
 
5月29日より、G-MISによる募集情報の収集が開始されています。
今後、順次求職者に対する募集情報の提供を行い、
求職者からの応募に対して、
「医療のお仕事Key-Net」を通したマッチングを実施する予定です。


 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る