NEWS 2020

看護 2020.09.24

Nursing Now公式ソング「元気の歌」歌手は相川七瀬さんに決定。9月28日(月)公開へ(日本看護協会)

2020年は看護の礎を築いたナイチンゲール生誕200年にあたる年。
看護職のさらなる地位向上をめざし、
世界各地で「Nursing Nowキャンペーン」が展開されています。
 
日本看護協会もこのキャンペーンに賛同し、
看護の力で健康な社会を作るべく、さまざまな活動を行ってきました。
例えば、コロナ禍では「#Nursing Now_いま私にできること」と称し
SNSでのハッシュタグキャンペーンを実施。
自身の感染防止への意識向上に関する思いや
看護職に向けたエールが数多く集まりました。
 
また、新型コロナウイルス感染症の対応に奮闘する看護職にエールを送るべく、
今年5月には、Nursing Now公式ソング「元気の歌」の制作を開始。
つんく♂さんプロデュースのもとで行われることが発表されていましたが、
その歌い手が相川七瀬さんに決定しました。
 
「元気の歌」は、看護職の応援ソングとしてだけではなく、
闘病中の方、気持ちが沈んでしまっている方などに向けた元気ソング。
日本看護協会では、「公式ソングを通じて、
新型コロナウイルス感染症と日夜奮闘する看護職にエールを送り、
社会を元気づけるきっかけになれれば」とコメント。
9月28日(月)の記者発表会で公式に発表予定となっています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る