NEWS 2020

医療 2020.10.19

新型コロナウイルスの影響で労働環境が悪化 看護師不足が深刻に(フランス)

新型コロナウイルスの感染が再び拡大しているフランス。
特に感染状況が悪いパリ首都圏の病院では、
すぐにでも集中治療室が埋まるおそれが指摘されており、
医療現場の人材確保が課題となっています。
 
フランス通信社によると、
フランスの看護師およそ6万人を対象にした調査では、
「疲労困ぱいしている」との回答が半数以上という結果に。
「燃え尽き症候群」の拡大が懸念されると報告されています。
 
労働組合は、新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、
労働環境が悪化した場合、
看護師不足がさらに深刻になると警告しています。
 
こうした事態を受けてフランス政府は15日、
医療従事者の給与引き上げの前倒しや
臨時手当の支給などの待遇改善を発表しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る