NEWS 2020

医療 2020.11.02

全国初「医療データ学科」を新設(三重県)

27日、三重県鈴鹿市岸岡町の鈴鹿医療科学大学は、
医用工学部医用情報工学科を廃止し、
令和3年4月から「医療健康データサイエンス学科」を
開設すると発表しました。
 
従来の医用情報工学科は、コンピューターの技術を
医療分野に広げる人材育成を目的としていました。
新学科では、最新の技術分野や新技術の
開発方法を含んだ教育カリキュラムを構築し。
最新の科学技術を活用し多様な医療データを分析し、
医療福祉分野の課題解決に向けた提案や実践ができる力を身につけます。
定員は40名です。
 
さまざまな大学でビジネス、理工学などの
データサイエンス学科が存在する中、
医療系のデータサイエンス学科は全国初となります。
 
同学科長に就任予定の鶴岡信治教授は、
「新技術を自分で利活用できる学生を育てたい」
と話しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る