NEWS 2021

医療 2021.03.03

Well-beingが実現できる社会を目指して 岡山大学病院の「がんゲノム医療」の取り組み(岡山大学病院)

岡山大学病院は、中国四国地域で唯一の「がんゲノム医療中核病院」として、
34の医療施設とがんゲノム医療ネットワークを構築し、
人材育成や研究開発などに精力的に取り組んでいます。

ゲノム医療チームは、担当医、病理医、臨床腫瘍医(腫瘍部位別)、
看護師、臨床検査技師、薬剤師、バイオインフォマティシャンなど、
通常の臨床医療に関わる医療従事者に加え、
遺伝子分析・解析を専門とする専門家などの多職種によって形成されます。
そのため、高度な教育による人材育成が絶えず必要です。

そこで、岡山大学病院では、
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する
「ゲノム創薬基盤推進研究事業」の
「A-3班ゲノム医療従事者の育成プログラム開発」を主導。
当プログラムでは、職種によって経験や知識が異なることを踏まえ、
業種ごとのテキストや講習を開催し、
ゲノム医療を支える高度な専門人材を育成しています。

さらに同大では、研究開発活動にも注力しています。
2020年12月からは岡山大学病院ゲノム医療総合推進センター臨床応用部の
遠西大輔部長が研究代表を務める、
先進医療B「国内完結型個別化医療に向けた
マルチプレックス遺伝子パネル検査研究」を開始。
遺伝子解析に強みがあるイルミナ社や、
臨床検査センターのユーロフィンクリニカルジェネティクス社とともに、
新たながん遺伝子パネル検査の開発を進めています。

岡山大学病院ゲノム医療総合推進センター研究開発部の冨田秀太部長は
「多様な人材育成によりゲノム医療が広く確実に社会実装されることで、
わが国のみならず世界の人々のwell-beingの向上に寄与したい。
そのためには岡山大学、岡山大学病院だけではなく、
さまざまな専門家や企業などのパートナーとの連携や共同研究開発などを
積極的に実施していきたいと考えている。
岡山大学病院では、スタートアップ・ベンチャー企業や非医療産業の企業でも
相談、共同・受託研究を進められる組織体制をしっかりと備えているので、
興味関心からのでもよいので是非お声掛けいただきたい」と話しています。


◆お問い合わせ先
岡山大学病院ゲノム医療総合推進センター(窓口担当:藤平)
〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
TEL:086-235-7414
https://ccgm-ouh.jp/

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る