NEWS 2021

看護 2021.03.24

高齢者の負担軽減を目的に看護師らが巡回式のワクチン接種訓練を実施(愛知県)

愛知県蒲郡市で、高齢者や足の不自由な人たちが
スムーズに新型コロナウイルスのワクチン接種を受けられるよう、
看護師が移動しながらワクチンの注射をする訓練が行われました。
 
訓練では、ワクチン接種希望者が医師の診察を受けたあと、
間隔を空けて指定された席に座り、
接種を受けてそのまま席で経過を確認してから帰宅するという手順を確認。
 
市では、この方法によって移動の負担が減るうえ座席の消毒が一度で済み、
効率的に接種を進めることができると見込んでいます。
 
訓練に参加した70代の女性は、
「移動が少なく楽でした。歩くのが大変な人には
負担が少なく済むのではないか」とコメント。
蒲郡市新型コロナウイルスワクチン接種推進室の石黒美佳子・室長は
「看護師の役割分担など、今回わかった課題を解決して
スムーズな接種が出来るように努めたい」と話しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る