NEWS 2021

介護 2021.04.02

介護保険料、65歳以上の県内平均が14市町村で引き揚げ(山形県)

30日、山形県は4月から改定される
第8期(2021~2023年度)の介護保険料について、
第7期(2018~2020年度)比でみたところ、
65歳以上の県内平均月額が88円アップの6110円になると発表しました。
 
65歳以上の高齢者が支払う保険料は、
今後見込まれる介護費用などをもとに、
各市区町村が3年ごとに算定しています。
 
同県の長寿社会政策課は、
保険料上昇の要因として
■高齢化の進展に伴う要介護認定者数の増加
■1人あたりの介護サービス利用料の増加
■介護報酬の増加改定
の3点を挙げています。
 
主要74自治体を対象に実施された朝日新聞社のアンケートでは、
回答があった73市区のうち57市区で、
介護保険料が月額6000円以上になることが判明。
最も高くなるのは、大阪市の8094円です。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る