NEWS 2021

医療 2021.04.07

重症病床使用率70%目前 近く、医療非常事態宣言へ(大阪府)

4月6日、大阪府の吉村知事は、
近く、府として医療の非常事態宣言を出す方針を示しました。

大阪府では、新型コロナウイルス感染症の急拡大に伴い、
4月5日時点で重症患者用の「病床運用率」が84.1%に達し、
確保している病床の「使用率」は63.8%まで上昇しています。

これを受け、吉村知事は
「数日中に重症病床の使用率が70%になると判断している。
その場合は、対策本部会議を開き『大阪モデル』の赤信号と
医療非常事態宣言を出したい」と述べました。

続けて、
「医療体制が非常に厳しく、このままいけば医療崩壊の可能性もある。
この状況を府民に伝え、一人ひとりの感染対策や、
営業時間短縮の徹底をお願いしたい」と強く呼びかけています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る