NEWS 2021

看護 2021.04.16

保健師、看護師向けのワクチン接種研修を強化(日本看護協会)

公益社団法人日本看護協会は
全国の都道府県看護協会と連携し、
新型コロナウイルス感染症の予防接種体制の確保に向けて、
ワクチン接種に対応できる保健師や看護師を
確保するための取り組みを強化すると発表しました。


すでに一部の都道府県看護協会では、
全国民が安心してワクチンを接種できるよう、
潜在看護職を対象にワクチン接種の研修を実施しています。
 
同協会は、さらに多くの看護職が新型コロナウイルス感染症の
予防接種に関する知識・技術を習得できるよう、
都道府県看護協会に、自治体保健師や企業、教育機関等に勤務する
看護職を対象に加え、研修の開催などの取り組みの強化を要請しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る