NEWS 2021

医療 2021.04.30

おたふく風邪ワクチン出荷停止 再出荷は10月末の見込み(武田薬品工業)

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)向けワクチンを
製造販売している武田薬品工業が、
設備の不具合によりワクチンの出荷停止を発表しました。
 
同社では、今年3月にワクチンの原液を製造する
設備のフィルターに異常が見つかりました。
その後、品質への影響を否定できないことから、
懸念される製品をすべて破棄したとのこと。
 
今後、原因となったフィルターを取り換え次第、
ワクチンの製造が再開されますが、
同社によると、ワクチンの製造には6カ月ほどかかるため、
出荷の再開は10月末になる予定です。
 
おたふく風邪の流行は年により異なるため
ワクチンは通年接種されており、日本小児科学会では、
1歳時と小学校入学前の1年間で計2回の接種を推奨しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る