NEWS 2021

医療 2021.05.07

新型コロナウイルス変異株 「屋外マスクでも感染」(日本政府・東京都)

5月3日、西村康稔経済再生担当大臣が民法の番組に出演し、
新型コロナウイルスの変異株について注意を呼びかけました。
 
西村大臣は「変異株の脅威は、
もう人流を抑えないと感染を抑えられないレベル」と訴え、
屋外でマスクをしていてもクラスターが発生していると、
変異株の感染力の高さを説明しました。
 
東京都では、新型コロナウイルスの新規感染者が
5日に621人、6日に591人の計1212人報告されています。
東京都の感染状況を分析する定例会議に参加した
国立国際医療研究センターの大曲センター長は、
「流行の主体が感染力の強い変異株N501Yに休息に置き換わりつつある」
「新規陽性者数が継続して増加しており、
第3波を超える急激な感染拡大が危惧される」と話しています。
 
今回の変異株は1人から1.32倍の人に感染し、
そのうつった人からさらに1.32倍とどんどん広がるとのこと。
感染源が分からないケースも6~7割あるとされています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る