NEWS 2021

看護 2021.06.04

全国初、潜在看護師の集団ワクチン接種を実施(東京都看護協会など)

5月28日、東京都看護協会は、
東京都より看護職による
新型コロナワクチン接種への協力要請を受け、
医療機関で勤務していない“潜在看護職”として
ワクチン接種の業務に従事している人に対する、
新型コロナワクチンの先行接種を実施しました。
 
対象者は同協会が主催した
ワクチン実技セミナーを受講した潜在看護職。
ワクチンの接種業務に従事する予定がある潜在看護職
(従事未定であっても従事する意思がある場合を含む)
についても年齢に関係なく先行してワクチンを接種しました。
 
同協会によると、こうした取り組みは全国初。
今後もワクチン接種に対応できる看護職の確保に向けて、
取り組みを強化していくとしています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る