NEWS 2021

医療 2021.06.18

新型コロナウイルスが子どもの健康に悪影響 「肥満」「視力低下」が約4割(兵庫県)

新型コロナウイルス禍の生活が、
子どもの健康に影響を与えていることが
兵庫県保険医協会により実施されたアンケート調査で判明しました。
 
同アンケートは兵庫県内の小中高校、
特別支援学校を対象に実施され、128校が回答。
回答したうちの約4割の学校が、
新型コロナウイルスが「肥満」や「視力低下」など
児童・生徒の健康に影響しているとしました。
 
さらに、健康診断後に「要受信」と判断されながらも
眼科、歯科、耳鼻科、内科などの医療機関を受診しなかった
児童・生徒も昨年のアンケート調査に比べ増加。
未受診の理由として「新型コロナによる受診控え」が
全体約4割以上を占める結果となりました。
 
同協会の西山裕康理事長は
「コロナ禍で児童・生徒の心身の健康状態の悪化が懸念される」
と話しており、医療機関への積極的な受診を呼びかけています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る